« 小松彩夏ちゃん オフィシャルブログ「コマブロ」の記事を単行本『コマブロボン』として来年2月中旬に完全限定生産で発売決定! | トップページ | 今年最後の御挨拶 »

2011年12月30日 (金)

浅倉大介 クラブイヴェント「Seq.Virus 20th Anniversary X 'mas 2011」@横浜・BLITZ レポ&セットリスト

どうもMC-K3です。ようやくながら本日シゴトの方が終わると共に

本日を持ちまして、2011年のシゴト納めとして、ようやく一息つける

状況になりました。

ホントに今年に関して言うならば、如何ともし難いような忙しさに

追われていただけに今年最後の最後にして、ようやくながら

クラブイベのレポをアップできる機会が来た…というコトに

感謝したい限りです。^^

ということで本日は先週12/22に横浜BLITZにて大ちゃんの

ソロデビュー20周年を記念して急遽開催されたクラブイヴェント

「Seq.Virus 20th Anniversary X 'mas 2011」のレポ及び

セットリストをお届けしようと思います!(^O^)

この日はすでに朝からシゴトでしたが、急用がある、との理由で

職場から午後4時頃に早退すると、そのまま自宅に戻り、着替えて

午後5時ごろにJR相模原駅から横浜線に搭乗して、一路横浜へ。

横浜には午後6時頃に到着するも、最初は場所がわからずに

混乱しましたが、コンビニの店員さんに行き方を聞いて、ナンとか

午後6時45分頃に横浜BLITZに到着すると、すでにもう会場への

入場は始まっていて、入場券ならびにドリンクチケットを引き換えに

会場に入ると、そこでマイミクのまいねさんと実に3年ぶり(!)に

遭遇すると共に、今回のクラブ談義に少し花が咲いたところで

今回はクラブイベ終了後からドリンクを貰うことができないため

先にドリンクを購入しそのままフロアに入ると、すでに会場には

急遽開催が決定ながらも、大ちゃんの登場を今か今か…と多数の

ファンが集結しており、ジブンも頃合いを見計らってフロア前に

陣取ると、偶然にしてまいねさんもすでにその傍に居り、久々の

再会を喜びつつも共に大ちゃんの登場を今か、と待ちわびながら

午後7時を少々オーバーしたところでステージに大ちゃんが登場!

フロアは一瞬のうちに歓声に包まれました!(^O^)

大ちゃんは開口一番、「みんな、クリスマス前で急にクラブイベント

開催しちゃったけどこんなに来てくれてどうもありがとう!今日は

3時間たっぷり楽しんで帰ってね~!」とフロアを歓声に包んだ後

ステージ中央のブースへと移動し、まずは手始めにクリスマスに

相応しく、access"Fairy Snow"でスタートしました!(^^)

これでフロア内が盛り上がると、続けて"Higher Than Dark Sky"へ。

DJブースの傍らに先月急逝した愛犬、アニーちゃんの写真が

フロアにわかるように示されると共に、ファンにとっては大ちゃんの

創作に影響を与えていたこともあってかそのアニーちゃんがすでに

御老体であったとはいえ、亡くなったという現実を受け止めつつも

大ちゃんやファンの間には、何かポッカリと胸に大きな穴が開いた

ような感もあっただけに、来年accessデビュー20周年を迎えるに辺り

やはり記念イヤーに当たるということを強く印象つけておきたかった

コトは事実でしょうし、そしてコレでフロアはまず確実に熱を帯びたで

あろうコトも、また事実だろうと思います!(^_^)y

次に大ちゃんがチョイスしたのは、DA METAVERSEより一番最初に

配信されたナンバー"Dream Ape Metaverse"へ。

すでにDA METAVERSEが1000日で100曲…というテーマを達成

出来なかったがために、ファンの方の中では、忘却の彼方へ…と

いう方もいたかも知れませんが、大ちゃんのチョイスは止まりません。

続けて同じくDA METAVERSEから配信された"X-NIGHT"から

さらに"A Midsummer Night's dream"へ。続けてDA METAVERSEから

"CHIMERA DRAFT"へと、METAVERSEからのナンバーが3曲続くと

徐々にフロアの熱が上がってきたところに来たのは、虹シリーズ・

赤のアルバム『Red Trigger』に収録の"Rose Line"へ!

ここで虹シリーズからの曲にスイッチすると、その熱をキープする

というコトはカンタンではないながらも、フロアでは大ちゃんが次に

どんな曲をチョイスするのか?という一点に集中しつつも、その熱に

うなされつつ、次にどんな曲が来るか?とワクワクしながら待ち続ける

ファンの前に大ちゃんが次にチョイスしたのは…2002年に発表した

名作『21st Fortune』に収録の"robots"でした!(^O^)

そしてその次に来たのは、またもDA METAVERSEから配信された

"Sphere Valley"へ!フロア内をキラ②ピコ②とサウンドがはじけて

ゆくのは、やはりキモチがイイです!(^_^)y

(この間に隣にいた、まいねさんから急遽サイリウムを数本頂き

左手につけさせて貰いました^^)

そして!第1タームの最後に来たのは、コレはまた意外でしたが

大ちゃんが実質的なソロ第1作として、1991年11月1日に発表された

アルバム『LANDING TIMEMACHINE』に収録されている

"TWINKLE NIGHT~あるひとりのロマンティストの生誕~"でした!(^O^)

まさかソロデビュー20周年を迎えたココで、この曲をチョイスするとは…

正直ボクも面食らいましたが、大ちゃんらしさは確実にファンの間に

伝わったのではないでしょうか!(^_^)y

ココでまず第1タームが終了すると、第2タームのトップに来たのは

クリスマスに相応しく虹シリーズ・黄色のアルバム『Yellow Vector』

収録のナンバー"Star Yellow X'mas"でスタートしました!(^O^)

さらに!DA METAVERSEからの"Der Rattenfanger von hameln"で

フロアがより一層熱を帯びると、続けて"prime diffusion"がチョイス

されると共にクリスマス3日前ながら、横浜の夜のテンションがどん②

上がっていきます!

そしてコチラは恒例ですが、虹シリーズ・紫のアルバム『Violet Meme』

収録されている"Mona Lisa overdrive"から、続けてまたしても

『21st Fortune CD』の最後を締めくくる"beautiful symphony"へ。

そして!次に来たのはaccessの第1期最後を締めくくった

"Cosmic Runaway"が来ました!

やはり来年accessもデビュー20周年を迎えるにあたり、その思いを

ファンに対してキチンと残しておきたかったのかも知れません!(^_^)

そしてさらに2007年にリリースされた3枚組ベスト盤『best selection』に

収録されている"beat planet -binary engine ver. 2007-"に続いては

再び虹シリーズ・紫のアルバム『Violet Meme』に収録されている

"mercy snow -Violet Rays ver-"からDA METAVERSEから配信された

"Ya-Ta Raven chronicle"、そして奇怪なパフォーマンスでファンの間で

話題を呼んだ"YA・TI・MA"へとなだれ込んで行きます!

そして第2タームの最後に来たのは、やはりDA METAVERSEから

配信された"fractal VIBE"でした!(^_^)y

これで第2タームから第3タームへ!大ちゃんにより横浜の夜が更に

熱を増していきます!

第3タームのトップに来たのは"Siren's Melody"でスタートすると共に

続けて来たのはDA METAVERSEから配信された"創出"に続き

次に来たのは、大ちゃんがDJブースで自らでマイクを持ち

"Kiss for SALOME..."と囁くと一気に歓声が上がると共に

"Kiss for SALOME"がフロアに流れると、終盤も近くなると共に

フロアはハイテンションに!

さらに同じくDA METAVERSEから配信された"The Transmuters"

そして大ちゃんがワーグナーのオペラ、”ニーベルンゲンの指輪”から

インスパイアされて書かれた"Nothung Syndrome"へと、ハイテンションで

曲は続いていきます!(^_^)y

そして!その次に来たのは、コレも意外で面喰らいましたが

大ちゃんが1995年に西川(貴教)さんをシンガーに起用してリリースされた

シングル"BLACK OR WHITE?"が来るなど(但しココでチョイスされたのは

1999年に一時的にT.M.Revolutionを封印し再度T.M.Rとして活動を再開時に

12枚目のシングルとしてリリースされた"BLACK OR WHITE?version 3"でした)

もうココに来てソロ活動20周年目を迎えた総決算とばかりに様々な

ナンバーがチョイスされていきます!

恐らくファンの中には、ボクのように「西川さんの声があるのに

クラブでチョイス…ってアリなの?」とか思ったヒトは多数いるでしょうが

とにかくそんなカタイコトはお構いなしでフロアは大盛り上がりになると共に

続いて1995年に発表されたソロ第3作『THE ELECTROMANCER』に収録の

"KARMA FOREST"がチョイスされ、最後にDA METAVERSEから配信された

"Space CLOSER"、そしてアニーちゃんの死を悼むかのように"R.I.P"の

2曲がチョイスされて、第3タームが終了しました。

そして!運命の第4ターム、先の"R.I.P"の涙を振り払うかのように

access"TEARS LIBERATION"でスタートすると、またしても虹シリーズ

紫のアルバムに収録の"Meme Clack-ハルカカナタのmajorへ-"から

続いてコレもクラブでは久々ですが虹シリーズ・緑のアルバム

『Green Method』に収録されている"Paranoia Method"がチョイスされると

最後の最後でフロアはドヨメキに揺れると共に、そこから続けて来たのは

コレも意外や意外でしたがIceman"8番目の罪"(!)というナンバーが来ると

共にさらに続けて"Genetic Bomb"とコレまでクラブイベではお目に

かかったことのないチューンが2曲フロアに投下されると、クラブイベの

終焉を見計らうかのように大ちゃんがチョイスしたのは、accessが

今年発表したシングル"Share The Love"でした!(^O^)

コレでフロアが最後の最後にドヨメキ立つと、最後はお決まりでしたが

木村由姫のヒットチューン"LOVE&JOY"の投下で、一斉に横浜BLITZ内は

ジャンプ大会となると共に、ラストを締めくくるべく流れたのは

DA METAVERSEから2曲目に配信されたスローチューン

"Repli Eye-Program[d]"で幕を閉じました。

最後テルミンのギュイーンという音がフェイドアウトすると、一時的に

フロアは静寂が訪れると共に、大ちゃんは「最後に一番気に入っている

曲をかけようと思います」と語るとホントのシメにチョイスしたのは

79.5Mhz、NACK5で長年に渡って放送中の「Neo Age Circuit」の最後を

締めくくるインストチューン"GATEⅡ-Sensitive gate-"で

3時間にわたる横浜BLITZでの熱い夜は終幕しました。

大ちゃんもこの日、ソロ活動20周年を迎えるも、今日の今日まで

何をすべきか…正直手につかなかったようで、それでも先月末に亡くなった

アニーちゃんが脳裏に出てきて「20周年だから、何かやった方がイイよ…」と

言われた気がしたので、最後の最後で急遽、横浜でクラブイヴェントを

開催することにしよう…ということで急遽開催と相成ったため

キャパシティの大きい横浜BLITZで、数百人のファンが集まった…というのは

ややムリがあったかも知れませんが、それでもクラブイベの開催が

ココ数年前から縮小傾向にあったとは言え、今年の最後の最後で

クラブイベが開催されたコトで、ファンにとって大きな何かは残ったことは

事実でしょうし、また今年は東日本大震災があったこともあり

それどころとじゃないというファンも多数おられるでしょうし

そんなファンにとっても、大ちゃんにとってもホントにどうしようもホドに

身もココロも打ちひしがれた2011年でしたが、大ちゃんのソロ活動20周年を

締めくくるという意味では価値あるクラブイベでしたし、開催されて

良かったと思いたいです。

最後に大ちゃんが飼っているバーニーズドックのジョン君に加えて

新たなわんことしてゴールデンレトリバーのブランケットちゃんと

パウダーちゃんの3匹がステージに現れ相変わらずの親バカぶり(?)を

見せてくれていたコトも追記しておこうと思います。^^

クラブイベ終了後、まいねさん達と共に凍えそうに冷たい中

1時間ほど大ちゃんの出待ちをすると共に、午後11時頃にジョン君を

自身のポルシェ・カレラSに乗せて大ちゃんはそのまま颯爽と出て

横浜BLITZを後にされ、ボクもまいねさん達と共に横浜駅に移動し

そこからJR横浜線で相模原の自宅へ帰宅しました。

今回横浜でのクラブイベでお会いできた、まいねさん、ゆき乃さん、nagiさん

皆さん、どうもありがとうございました。m(__)m

いや2011年の最後の最後で皆さん、忙しい中だと思いますが、長い記事に

付き合って頂いてホントにありがとうございます。

ボクも今年最後にこのクラブイベのレポが書けたコトで胸の中に

つかえのようにあったモノがスッキリと出てなくなった…というカンジです。

2011年ももうあと24時間を切りましたが、明日も色々ある方が多いと

思いますので、凍える寒さが支配する中ですが、どうぞ体調を崩されない

様にして、2012年をお迎え下さい。

|

« 小松彩夏ちゃん オフィシャルブログ「コマブロ」の記事を単行本『コマブロボン』として来年2月中旬に完全限定生産で発売決定! | トップページ | 今年最後の御挨拶 »

浅倉大介」カテゴリの記事

コメント

クラブイベントのレポアップのお知らせありがとうございます!
すごい忙しい中でよくここまでのレポアップできましたね。
いつも詳しいレポにほんと感心してしまいます。

曲順見ると、ああ~そうそうあそこではこうだった~と
曲が頭の中を駆け巡り、その時の大chanの様子とか
思い出されますょ
日にちが経つごとにその時のテンションでは書けなくなってきてて、やっぱレポって勢いでばーっと書かないと
自分の思いと文章が噛み合わないものですね;;

レポの中にいっぱい登場させてもらって
嬉しいやら恥ずかしいやら...。
いや~ありがとうございます

ステキなお正月をお迎えください。

投稿: まいね | 2012年1月 1日 (日) 20時09分

>まいねさん
どうも新年明けましておめでとうございますm(__)m
同じく大ちゃんファンとして、今年もどうぞ御愛顧のホド
宜しくお願いしますね。^^

大ちゃんも今年最後の最後に急遽横浜で開催された
クラブイベですが、ソロ活動20周年目にしてどうにか
2011年を締めくくるコトができて良かったと思います。
意外な曲がチョイスされるのをチェックするのが
ジブンにとって興味的なコトもあり、ソロ活動20周年の
節目にどんな曲がくるのか…というのもありましたし
あと昨年11月末のアニーちゃんの死も大ちゃんにとって
こうして背中を押す切っ掛けとなったことも追記しなければ
ならないだけに、そうしたコトもレポに含めておかないと
「ただ楽しんだだけなの?」というレベルの低いモノに
なりかねないという危険性もありますから
そうした部分を垣間見ながら、レポを書くようにすることも
一ファンの役目だと思ってます。

レポは…正直こうも忙しいと、出来る限り早いうちに
絶対に書く!という意志を持ち続けるしかないです。
クリスマスが過ぎてからも時間が殆どなかったのですが
最後の最後でチカラを振り絞って書くことが出来て
ジブンでも良かったと思います。

投稿: MC-K3 | 2012年1月 1日 (日) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅倉大介 クラブイヴェント「Seq.Virus 20th Anniversary X 'mas 2011」@横浜・BLITZ レポ&セットリスト:

« 小松彩夏ちゃん オフィシャルブログ「コマブロ」の記事を単行本『コマブロボン』として来年2月中旬に完全限定生産で発売決定! | トップページ | 今年最後の御挨拶 »