« 浅倉大介 クラブイヴェント「Seq.Virus 20th Anniversary X 'mas 2011」@横浜・BLITZ レポ&セットリスト | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2011年12月31日 (土)

今年最後の御挨拶

ついに2011年も残すトコロ、あと15分となりました。本日は当Blog恒例ということで

年末最後の総決算ならびに御挨拶をしようと思います。

言うまでもなく今年は3月11日にあの東日本大震災が発生し、そこから殆ど何もかもが

大きく狂ってしまった感すらある中で、誰もが大きな痛みと悲しみに打ちひしがれた中で

加えてこの震災により、東京電力の福島第一原子力発電所が甚大な被害を蒙った結果

日本国内全体でより一層の節電が叫ばれる中、海外ではこの震災の影響に伴い

原子力発電の安全性の問題が露呈した結果、原発に対する大きな不安が生じると共に

原発の割合いを縮小ならびに廃炉への検討が大きくクローズアップされるなど

日本国中のみならず、世界中で大きな問題を提示する切っ掛けとなったばかりでなく

ボクらにとっても、生きてゆくべきための手段をいかにして確保するか…という点で

ホントに心底考えさせられた一年となりました。

今年最後にこの一年を表現した漢字として、「絆」が選ばれたこともありますが

現実問題として、「絆」以上の何かというのが見出せないと、間違いなくこの国は

破綻へと突き進みかねない状況にあるだけに、今年以降どうこの国を切り回してゆくか

それが至上命題であることも事実ですし、すでに崖っぷち状態のこの国を救おうと

懸命に活動できない状況が続いている、という状況もこの国のチカラが無くなって

来ている…ということを現しているようにも感じられてなりません。

とにかく今年は震災からのいち早い復興、そして経済の回復を願ってやみません。

依然として国を取り巻く環境は最悪な状況が続いているだけに、この国を劇的に救える

人物が出て来ないと、もうこの国には破綻という最悪の選択肢を選ぶ他ないですから

どうかそれだけでも回復の兆しを見せて欲しいと思います。

当Blogに関する人物で言えば、今年は西川(貴教)さんがT.M.Revolutionでデビュー15周年を

迎えられるも、先の震災が起きた際に救援基金、STAND UP!JAPAN 2011を発足させたり

その一方で毎年9月中旬に自らの誕生日に滋賀県草津市にて開催される一大イヴェント

「イナズマロックフェス」も定期的に開催されるイヴェントとなり

深刻な不況に見舞われる音楽業界にあって、キチンと結果を残し続けている点から見ると

やはり西川さんは只者じゃないとさえ思わされますね!(^_^)y

現在敢行中の全国ツアー”Live Revolution'11 CLOUD NINE”も来年以降も続くようですので

このままT.M.Rデビュー15周年記念イヤーを経て、翌年あたり、もしかするとabingdon boys schoolでの

活動が再開すると思いますし、また今年は11月に舞台「ROCK OF AGES」にも主役として出演され

来年以降、俳優としての活躍も期待されるトコロです。^^

一方大ちゃんは今年はソロでの活動より、accessでの活動を優先すると共に

accessとして8月にシングル"Share The Love"をリリースし、これによりフジテレビ系で50年近くの

歴史を誇る音楽番組「シオノギ・ミュージックフェア」に初めて出演するなど

(ちなみに2人の音楽番組出演は、2003年にNHKで放映された「POP JAM」に当時リリースされた

アルバム『Rippin' GHOST』に収録の"VIEW"をパフォーマンスして以来、実に8年ぶりでした!)

また夏には恒例のツアー”access TOUR 2011 OPERATION CONNECT”を開催されるなど

健在ぶりを見せてくれました!(^O^)

今年は記念すべきデビュー20周年イヤーですので、間違いなくシングル・アルバムのリリースも

控えているでしょうから、その辺りも強く期待してイイのではないでしょうか!v(^_^)v

一方実写版セーラームーンの方に目を向けてみると、北川景子ちゃんの大活躍ぶりについては

もう皆さんもすでにご存知だろうと思いますが、他の4人の戦士、沢井美優ちゃんと小松彩夏ちゃんは

ようやくながらココに来て、長い冬(?)から醒めて、もしかすると来年あたりイイ活躍を見せてくれるかも

知れないだけに、それを強く望みたいところです!(^_^)

また他の2戦士でモデルとして活躍中の安座間美優ちゃんと泉里香ちゃんは

それぞれ「CanCam」「Ray」で専属モデルとしての

ポジションを固めると共に、片やみゅうちゃんは日本テレビのアナウンサー(名前は伏せさせて下さい)との

交際を公表されるなど、もしかすると今年あたりこのまま結婚…?という状況にもなっているだけに

その動向も気になるところですけれども、果たしてどうなるでしょうか?

とにかく今年は震災で何もかもが狂わされた一年でしたが、来年はそれが少しでも改善されて

多少なりとも景気が上を向いてくれることを期待すると共に、あとは震災からの復興も待たれる

トコロですので、それに重点を置きつつ、真の日本経済復興に向けて活力を取り戻せるように

うつむくことなく、前を向いて頑張って行くコトが大事なだけに、ソレだけを考えてたとえ厳しくとも

日々邁進を考え、努められるように頑張りましょう。

そろゝ時間となりました。2011年も過ぎようとしています。どうぞ皆さま、良いお年をお迎え下さい。m(__)m

|

« 浅倉大介 クラブイヴェント「Seq.Virus 20th Anniversary X 'mas 2011」@横浜・BLITZ レポ&セットリスト | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後の御挨拶:

« 浅倉大介 クラブイヴェント「Seq.Virus 20th Anniversary X 'mas 2011」@横浜・BLITZ レポ&セットリスト | トップページ | 明けましておめでとうございます »