« 西川貴教 今日・明日と開催2年目を迎える一大LIVEフェス「イナズマロックフェス2010」が今年も開幕! | トップページ | the end of genesis T.M.R.evolution turbo type D フジテレビ「FNS歌謡祭'99」出演映像 »

2010年9月19日 (日)

Happy Birthday!Takanori!!

今日はもう前置きナシでコチラのネタに行きたいと思います!(^O^)

T.M.Revolitionとして、またある時はabingdon boys schoolとして、さらにまたある時は役者として

最強のヴィブラートを駆使し、ドSでセクシャルなパフォーマンスで知られるロッキンファイター

西川貴教さんが本日を持ちまして40才のバースデーを迎えられました!

どうもおめでとうございます!o(^O^)o

すでに今年でT.M.Revolutionでソロ活動を開始してから、今年でデビュー15周年目に

突入すると共に、今年はデビュー15周年目を迎える翌年に向けて、特別サイトとして

「独立国家いちご帝国(仮)」をオープンされる一方で、TwitterではTMR15というアカウントで

毎日のようにつぶやきをアップされたりと(ちなみに現在フォロワーが10万人を突破しました!)

今もって精力的に活動を続けられています。

ボクはT.M.R、a.b.s共に長い間LIVEに行けてはいないのですが、今年は4月から6月にかけて

東京・名古屋・大阪・札幌の4都市で上演されましたミュージカル「ザ・ミュージックマン」だけでも

観ておこうと新宿・国立劇場に足を運びましたが、従来からの演技力の高さもさることながら

アーティストとしての顔と、俳優としての顔とをキチンと使い分けつつ、今日まで活動されて

来られている…というコトに加え、引きも切らずに活動されているからこそ毎日のように

ワーカホリックな状況にあっても、そのモチベーションを崩さずにいることができるのでは

ないでしょうか。

2008年に「滋賀ふるさと観光大使」に就任されると共に、自身を育ててくれた地元・滋賀への

恩返しとして、一昨年から滋賀県草津市の烏丸半島・芝生広場にて、自身が主催する一大フェス

「イナズマロックフェス2010」を昨日から開催されていますが、今年は昨年初開催ながら

7万人以上を動員し、この勢いを駆って、昨年に続いて2回目として開催されていますが

すでに西川さんは昨日、abingdon boys schoolとして1日目のヘッドライナーを飾ると共に

そして最終日の今日はT.M.Revolutionとして2日目のヘッドライナーを飾る予定となっています。

音楽業界に身を置きながら、様々な業界の人物と盛んにコラボレーションを続けると共に

純然たる音楽のみに重点を置くLIVEフェスとは別に、自らのやり方で新たなフォームを

確立させただけあって、このフェスの開催は、恐らく西川さんがふるさと観光大使として

その顔を損ねたり(コレは間違ってもないしょうけれど)首長の交代に伴う行政サイドとの

トラブルがなければ、この先、西川さんの生涯のライフワークになってゆくことになるのでは

ないでしょうか。

自らの身を傷つけながらも、その愛を惜しみなく与え続ける…2005年にT.M.Revolutionとして

デビュー10周年を記念してリリースされたシングル"vestige"の内包するテーマと同様に

この先、自身が年を重ねると共に、どういうカタチでその「愛」を与え続けてゆくのか…

それについても、ボクらファンは真摯に西川さんの姿勢を追い求め続けてゆく必要が

あるように思いますし、コレを拒絶するようなコトは日本の音楽業界において

大きな損失になるようにさえ思います。

つまり西川さんはそうした地位を、この世界で築き上げたのですから、それについて行きたい者は

この先、ひたすらに追い求める続けてゆく…それは1998年のT.M.Revolutionでの成功に伴う

一時期のみの栄華に溺れるコトなく、ひたすらに邁進し続けてきた西川さんが主張する

T.M.Revolution=ただ一人だけのプロジェクトではなく、自身とファンとが一体となって

創り上げてゆくプロジェクト、という首尾一貫したテーマは変わるコトなく、今日までその

テーマを損ねるコトなく続けているというコトは、誰にも出来ないコトじゃないでしょうか!

やはり西川さん、ホントにスゴイと思いますね。すでに今日から不惑を迎えられると共に

また次なる地にファンをいざない続けて欲しいとココロからそう思います。

これからもその強さで逞しく、J-POPシーンに燦然と輝く存在であり続けて下さい。m(__)m

Dear Takanori, Happy Birthday on 40th Anniversaries!(^O^)/

|

« 西川貴教 今日・明日と開催2年目を迎える一大LIVEフェス「イナズマロックフェス2010」が今年も開幕! | トップページ | the end of genesis T.M.R.evolution turbo type D フジテレビ「FNS歌謡祭'99」出演映像 »

西川貴教」カテゴリの記事

コメント

西川くん、40歳になるんだ…。

彼って年齢不詳ってイメージが私あったのよ!

とりあえず、おめでとうございます!!

投稿: ぽんた | 2010年9月19日 (日) 08時18分

>ぽんたさん
どうもコメントありがとうございます。

ついに西川さん、今日で40才を迎えましたね!
世の中では40というと不惑或いは初老の域に入る訳ですが
そんなカンジなど一切見せるコトなくジブンが見据えたままに
コトをストレートに運んでいる…というカンジを受けます。
西川さん自身もスゴイと思いますが、やはりスタッフも
優秀なんだというコトの現れなのでしょうね(^O^)

投稿: MC-K3 | 2010年9月19日 (日) 09時38分

西川君はっぴーばーすでぃ!!
私と1日違いだ(笑)
40歳かぁ・・・♪
年とるのは、早いねぇ・・・
「体を夏にして・・・」
って歌ってたのが、13年くらい前かな(笑)
凄い年月だぁ・・・・
今でも頑張ってる西川君は凄い!!

投稿: のりのり | 2010年9月20日 (月) 01時23分

>のりのりさん
どうもコメントありがとうございます。

ついに西川さん、今日で40才の大台に突入しましたね!(^O^)
やはり12年前にT.M.Revolutionが成功を果たして以降も
常に毎年LIVEツアーに重点を置いて活動を続けてきたからこそ
今日に至るまでの地位があるんだろうと思います。^^

もし西川さんが「HEY!HEY!HEY!」等の音楽バラエティ番組に
出演して以降、ダウンタウンと絡むばかりの日々を送っていたら
今みたいにファンであり続けるようなコトはなかったでしょうし
そこで勘違いしていたら一時のヒトで終わっていたであろうコトは
間違いなかっただけに、それを振り払ったということは
やはり西川さんが自らが進むべき道をキチンとわきまえていた…
ということに他ならないのではないでしょうか。

過去には所属レーベルのアンティノスの経営統合に伴い
同時にマネージメントが消滅…という状態でツアーを続けるなど
タフな状況にも遭遇しましたが、そうした幾度にも及ぶ困難をも
乗り越えた様は逞しいとさえ思いますし、加えて発表される楽曲も
そうした精神状態を反映した曲が多かったコトもあり
やはり西川さんも困難極める状況下にあるんだ…と思いつつも
自らが信じる道を歩み続けたが末の今があるというコトですし
言葉にできないモノをヒシ②と感じずにはいられません。

昨日のイナズマロックフェスのトリとなるT.M.RでのLIVEには
急遽大ちゃんも飛び入り参加…というサプライズがあったりと
ジブンの職場の友人が、この2日間滋賀に行っていただけに
その知らせを聞いた時は、「あ~!」という思いでした…(T_T)


投稿: MC-K3 | 2010年9月20日 (月) 03時55分

2005年の暮れまで西川貴教或いはT.M.Revolutionの存在を
知らなかった私にとって、浅倉大介さんの登場は
夢のような出来事でした!
DVDで観た事はあっても実際ショルキーの大ちゃんと
共演するなんてすぐには信じられませんでしたね…
色々なサプライズやハプニングのあったイナフェス2010♪
来年も楽しみ☆

投稿: NEYAN | 2010年9月29日 (水) 00時02分

>NEYANさん
どうも長らくゴブサタしております。m(__)m

NEYANさんもイナズマロックフェスに行かれたのですね!
ジブンも予算に都合がつくなら行きたかったのですが
今後の予定等を照らし合わせた結果、断念しました…(T_T)
まさか大ちゃんが今回のイナフェスで約10年ぶりに
西川さんと共演される…というサプライズが起こったコト以上に
今回のイナフェスに行けなかったコトが非常なまでに
ココロ残りとなりました…orz...

投稿: MC-K3 | 2010年9月29日 (水) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday!Takanori!!:

« 西川貴教 今日・明日と開催2年目を迎える一大LIVEフェス「イナズマロックフェス2010」が今年も開幕! | トップページ | the end of genesis T.M.R.evolution turbo type D フジテレビ「FNS歌謡祭'99」出演映像 »