« 北川景子ちゃん 本日発売の「with」に再び表紙で登場! | トップページ | abingdon boys school "As One"&"Via Dolorosa"&"DOWN TO YOU"&"アテナ"MAD映像 »

2010年5月29日 (土)

宝塚歌劇 雪組次期トップスターに音月桂が決定!

5月最後の連休なのですが、昨日はよく晴れたのに対し、今日はまたスッキリしない天候に

逆戻りのようですね…(T_T)

5月も例年では考えられないくらいに雨が降り、今日も午後からまた雨が降るとは…

ホントに一体どうなってるの状態で、折角の連休に洗濯モノを一掃したいと思っても

こんな調子では途方に暮れそうです…orz...

この調子だと、もうじき梅雨の季節に入りますが、例年以上の雨が降ることになるのでしょうね…

あ~ホントに只々ゲンナリしそうですが、ただゲンナリしててもしょうがありませんので

5月最後連休初日の今日は、宝塚歌劇からの話題をお伝えしたいと思います。

来月6/25から本拠地・宝塚大劇場にて現・雪組トップスターの水夏希さん(ミズさん)と

同じく娘役トップの愛原実花さん(みなこちゃん)のサヨナラ公演「ロジェ/ロック・オン!」が

上演開始となりますが、そのミズさんの後任となる雪組の新トップスターとして

音月桂さん(キム君)の内定が決まりました!詳しくはコチラをご覧ください!

キム君は1998年に84期生として、宙組公演「シトラスの風」で初舞台を踏むと共に

雪組に配属され、2001年に上演された「猛き黄金の国」の新人公演で主役を演じると

続く「愛燃える」こそ、主役を現・花組男役スターの荘一帆さん(そうちゃん)に譲りましたが

その後は「春麗の淡き光に」、「Romance De Paris」と連続して新人公演主役をつとめて

雪組男役ホープの座を確立させると、その後はミズさんの下で主要なシーンで脇を固める

存在として活躍され、今回ついにトップスターの座に辿り着くことになりました。

考えてみれば、雪組の中では近年中々いなかった生え抜きのトップスターでもあり

(ココ数年来トップスターだった、絵麻緒ゆうさん(Bunちゃん)はトップスターに就くまでは

長い間にわたって、星組の組子として活躍されていた方ですし、続いてトップの座に就いた

朝海ひかるさん(コムちゃん)も花組→宙組と渡り歩いて、雪組でトップスターに就任でしたし

ミズさんに至っては、月組→花組→宙組と渡り歩いて、最後に雪組でトップスターに…という

ケースが相次いでいましたから、実質的には高嶺ふぶきさん(ユキさん)以来生え抜きの

トップスターの誕生ということになります^^)またキャラ的にも、タカラヅカの正統派である

カチッとしたタイプの男役とは違って、多少お調子者っぽい、いわばコメディリリーフ的な

イメージも持ってますから、もしかするとキム君のトップ就任でコメディタッチの作品が

多く上演されることになるかも知れませんね!(^O^)

となると問題はそのお相手となる娘役ですが、すでに娘役候補の一人として名が上がっていた

大月さゆさん(なっちゃん)は先の「ソルフェリーノの夜明け/Carnevare-睡夢-」で退団されましたし

となると他の組から移籍させて…というのが濃厚ではないでしょうか。

ただ近年は娘役の方も退団が相次いでいるため、ホントにどなたが抜擢されるのか

予断を許さない状況というのが現実で、もしかすると月組でかつて紫吹淳さん(リカさん)が

トップスターに就任された時に、当時研3だった映美くららさん(まいこちゃん)が

急遽大抜擢を受けた…というようなコトも考えられるかも知れません。

とにかくファンとしては、キム君の御相手役も早く発表されて欲しいトコロですが

また新たに情報が発表されるまでお待ち下さいます様お願い致します。m(__)m

以上本日の情報をお届け致しました。また明日お目にかかりましょう。A Domani!(^O^)/

|

« 北川景子ちゃん 本日発売の「with」に再び表紙で登場! | トップページ | abingdon boys school "As One"&"Via Dolorosa"&"DOWN TO YOU"&"アテナ"MAD映像 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145712/34932312

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚歌劇 雪組次期トップスターに音月桂が決定!:

« 北川景子ちゃん 本日発売の「with」に再び表紙で登場! | トップページ | abingdon boys school "As One"&"Via Dolorosa"&"DOWN TO YOU"&"アテナ"MAD映像 »