« T.M.Revolution TBS「CountDownTV」出演映像 | トップページ | 小松彩夏ちゃん 来月7/11から紀伊国屋サザンシアターで上演の舞台「エブリリトルシング」に出演決定! »

2008年6月 5日 (木)

浅倉大介 クラブイヴェント「Sequence Virus 2008」@渋谷・club asia セットリスト

どうも皆さま、今日はようやくですが…お待たせしました!

先日6/1に渋谷・道玄坂のclub asiaにて開催されましたクラブイヴェント

「Sequence Virus 2008」のセトリならびにレポをお届けしたいと思います!

連日降った雨が上がって、ようやくながら外に出たのが

6/1の午前11時半頃でそのまま自転車で町田まで出て

少しブラリとしてから、小田急線に乗って町田から代々木八幡へ出て

代々木八幡から徒歩で渋谷へ歩いて、午後2時に開催会場である

club asiaに到着しました。

チケットを工面していただいたマイミクの密木さんと出会い

会場のそばでチケットを頂き、今回どんなセトリがくるんだろう…的な

ハナシをしている間に、整理番号順に会場内に誘導され、いつものように

午後3時前に会場に入ると、そこはもう完全にスシ詰め状態で

中にはおよそ400名くらいいるんじゃないか…と思えるくらいヒトがいて

ボクは後になって入ったためどこに位置しようか…と思いあぐねていた

矢先に…大ちゃんが黄色いレインコート姿でステージに登場すると

会場は歓声に包まれました!(^O^)

この日の大ちゃんはレインコートにフードにはカエルの顔と

さらにはアニーちゃんのイラストの入ったバルーンを手にしつつ

♪ティンクル~とナニやら意味不明な呪文を唱えて、会場から笑いを誘ってました。^^

まぁ大ちゃんのツカミドコロのないキャラは、今日に始まったモノではありませんし

そのケムの巻き方というか、威厳とか先駆者といった部分を一切感じさせない

というところにある種のスゴさを感じずにはいられなかったりします。^^

程なくして大ちゃんから開会宣言と共に、トップバッターとしてDJ DKOこと

大光(ワタル)さんが登場し、DJブースからMacのPOWERBOOKを開けると

今回も例によって例の如く、カフェやラウンジで流れてきそうな

ガラージュハウスやジャザ・ノヴァといった曲をセレクションしていく一方で

中盤辺りからPerfumeのようなボコーダーを使い音声加工したと思しき

女性ヴォーカル入りの低いデジタルベース音が特徴的な曲が割合を占めるようになっていきます。

しかもキッチリ、デジタル音が鳴り響いているので、フツーにこれまでセレクションしていた

曲から比べると、かなり趣きの変わったタイプのサウンドで意外なカンジでした。^^

そしてそのまま持ち時間の1時間が終わったところで、今度はDJ URAKENが登場!

この方のスゴイトコロは過去のヒットナンバーを、自らの腕で新たなモノに創り変えてゆくという点において

真にスゴイセンスの持ち主だったりします。

今回はaccessの過去のヒット("SCANDALOUS BLUE","VIRGIN EMOTION","JEWELRY ANGEL","MOONSHINE DANCE","夢をみたいから"etc)や

大ちゃんが過去に書いてヒットした"ナンダカンダ","LOVE&JOY","CROSS SEASON"などの曲を

やはりハイセンスかつアグレッシブにミックスさせて、フロアをガン②沸かせてくれていました!

その他にもシンディ・ローパー"Time After Time"やブライアン・アダムス"Heaven"といった

(ただし"Heaven"は本人がヴォーカルをとってるモノではなく、女性シンガーが歌っているカヴァーverです)

URAKENおなじみの曲のハイテンションミックスもちゃんとやってくれたので、安心して

フロアで見ていられた…という風に思いました。^^

1時間近くしっかりフロアを沸かせた後は大ちゃんが大光さん、そして守尾(要)さんと共に登場し

New Projectとしていわゆるジャズのジャム・セッションをこういったデジタル音を駆使して

やったらどうなるか?という恒例のユニットプレイですが、今回も中々ヴィヴィッドで

バックの2人が繰り出すリズム音に大ちゃんがシンセとサンプラーで応酬するというやり方で

フロアの空気をつくり上げてゆくのですが…今回どういうワケか、ボク的にはこのNew Projectの時間が

イマひとつノリが良くなかったんじゃないかな…という気にさせられました…(>_<)

確かに音はソリッドで、カラダを揺さぶるようなリズム音は聴いてて思わずカラダが動きそうになるのですが

一方でやはりセッションみたいな形式で、その場で音をつくり上げてゆく…というパターンは

場合によって、時にハズす可能性もあることも事実であり、今回はどうもそのハズしたところが

どうも前面に出てしまったんじゃないかぁ…という気がしました。

過去に8月にclub asiaでやった時は見事にハマっていたのですが、今回は5人のDJ中

イチバン盛り上がりに欠けてしまいました。まぁ一時が万事というワケではありませんし

こういうコトもあるでしょうから、次回に期待しましょう。

その後はオーストラリア出身の巨漢DJ、SILVERが登場し、今回も強烈かつ硬質な4分打ち音を軸に

重厚なサンプリング音を絡めるカタチでフロアをグイ②押しまくるようなプレイを見せつけていきます!

とにかくDJ SILVERのプレイスタイルは徹底的に飛ばせるだけ飛ばしまくるといったタイプなので

フロアで聴いてて、最初から数十分くらいは凄くキモチがいいのですが、一方で緩急が余りないため

これが1時間弱続くとフロアのノリも決して良くはなくなってしまう…というのが難点だったりします。

事実大ちゃんの登場したあたりで、結構フロアはややお疲れモードに入ってました(T_T)

そして!19時15分頃、満を持して、ついに真打ちとして大ちゃん登場!

黄色いレインコートを脱いで、コサージュやワッペンが多数ついたデニム地のジャンパー姿であらわれた大ちゃんが

まず最初にチョイスしたのは、ナンと!マドンナFeat.ジャスティン・ティンバーレイクのヒットチューン"4 MINUTES"でした!

過去に幾度となく、この「Sequence Virus」に参加してはいますが、まさかヒト様の曲をトップに

持って来たのには、おったまげました!

しかし…フロアはやや面喰らったカンジでまだイマイチ盛り上がりきっていない中

次に大ちゃんがチョイスしたのは、これも曲名がわからないのですが

(あとで調べてみましたら、カイリー・ミノーグの"Wow"というコトがわかりましたので、リンクを貼っておきます)

80'sヒットと思しき女性ボーカルの曲でこれは中々カッコ良かったのですが、でもボクの中ではどこか

「2曲続けて他のヒトの曲なんて、一体どういうワケ?」みたいなのもあり、ややスッキリしない中

ようやくaccess"BEAT PLANET(2008 tour-binary engine-ver)が来ました!

これでようやくフロアが盛り上がり始めると、次に木村由姫"Thousand Nights,one more Night"が来ると

次第にフロアが一体化していき始める中、次に来たのは去年のソロLIVEで初披露された

"Dream Ape Metaverse"(すごいミックスでわかりにくかったですが、途中に英語の

セリフが入っていたトコロで何とか思い出しました)が来ました!

去年初めて披露された曲が、まさかココで来るとは!ホントコレは意外でした!^^

(しかもクラブイベ終了後に、それが今月25日からiTunes Music StoreでDLで発売される

という風に聞いた時、さらにまたオドロキましたが…^^)

そして次に来たのは虹シリーズ・紫のアルバム『Violet Meme』に収録されている

"Meme crack-ハルカ カナタのMajorへ-"から"瞳ノ翼"へ。そして!これもまた意外でしたが

ペットショップ・ボーイズが2002年に放ったヒット"HOME AND DRY"が来ました!

この曲は今ミネラルウォーターのVolvic(ボルヴィック)のCMで使われている曲として知られていますが

そういえば去年大ちゃんがソロLIVE「Live Metaverse」を開催した際に、セトリに"Go West"が

入っていたのを思い出す一方で、大ちゃんがその日口を潤していたミネラルウォーターが

他ならぬボルヴィックだったようで…そのためだったのか、と納得したりもしましたが。

そして今度はIceman"Eyes Bright"から、さらにまた②木村由姫"Deep Sky Heart"が!

過去に大ちゃん、木村由姫の曲も結構セトリに組んでいますが、この曲はこれまで1度も

この場で聴いたことがなかったので、結構ラッキーでした!^^

そして!これも意外でしたが、去年大ちゃんが出演キャラクターに初めてキャラソンを書いたことで知られる

ドラマ「風魔の小次郎」のサントラ盤に収録されている、竜魔"魔鏡の射手 Shut it into the mirror"という

これまた意外な曲が来ました!恐らく「風魔~」のサントラ盤から1曲くらいチョイスされるんじゃないかなぁ…

というのは漠然とありましたが、過去に1度聴いていたとはいえ、フシギとフロアにハマってたと思います。

そして…とう②この辺から大ちゃんのドSぶり全開セレクションへと突入していきます!

まず来たのはまたしても虹シリーズ・緑のアルバム『Green Method』に収録されている

"Paranoia Method"でその口火が切られると、今度は『Sequence Virus 2006』に収録された

"BLUE SKY BLUE"へと続いていきます!この時点ですでにフロアはヒートアップ状態で

もう何が何だかわからないようなカンジのまま、ただDJブースからひたすら送り出される

強力かつ狂気度の高い4分打ちビートと、重厚なデジタルサウンドがフロアを包み込んで

ぶっち切るように加速していく中、次に来たのは、恐らく夏前だから来るかもなぁ…と

予想はしてましたが、そのまさかでPool Bit Boys(PB2)"SQUALL"が来ました!

やっぱり来たか!というカンジではありましたが、これはその通りといったカンジで

フロアの熱気は引きを切らないまま、再び大ちゃんがソロLIVE「Live Metaverse」で披露した

"Nothung Syndorome"(大ちゃんがワーグナーのオペラ「ニーベルンゲンの指輪」に触発されてつくった曲だそうです)へ。

フシギですが、ここまでくると恐ろしいホド、ミックスされてて判別がつかないくらいなのに

意外とどうしてかファンの方はわかってるんですよね。

ちなみにボクはこの曲、あとで同じくセトリを書いてたヒトに見せてもらって「あ、あの曲!」というのが多々あるので

もっと勉強せねば…と思いましたが。^^

ここまで来たら、もうあとは大ちゃんのドSぶりが炸裂!まずは玉置成実"CROSS SEASON"に続いては

もうこの辺になると、ほぼ必ずというカンジもしますが、木村由姫"LOVE&JOY"がやっぱり来ました!

フロアのみんなに手を振らせ、さらに「Foh!」ボイスで一斉ジャンプ!と相変わらずの

大ちゃんのドS度全開ナンバーは留まるコトを知りません!また②三度、虹シリーズ

黄色のアルバム『Yellow Vector』に収録された強力デジロック"Puppet Master"ヘ!

途中の♪Happy Go Round~Merry Go Round~の部分でジャンプが来ますが

これをラストで10回近くもやってしまう!というハンパのなさで、全身の気力が落ちかけたトコに

また②ソロLIVE「Live Metaverse」で披露された"Repri Eye - Program [d]"でようやく

会場はやや落ち着きを取り戻した後に来たのは、今回4曲目になりましたが

木村由姫"Summer Rain"でようやく6時間に及ぶデジタル音の狂宴の幕が降りました…。

公演終了後、大ちゃんがDJブースからマイクを手にして、2月に免許を取ったことについてのハナシや

朝5時頃に雨が降る中、クルマに乗ってコンビニに行き、ポテトチップのコンソメパンチを

買いに行き、「浅倉大介が朝5時にコンビニでコンソメパンチをお買い上げ」というハナシに

周囲が驚いた…というハナシに加え、そして今後の活動について(それについてはコチラをご覧いただけたらと思います)のハナシや

あと「新堂本兄弟」で大ちゃんがバックバンドの吉田建さん、屋敷豪太さん、土屋公平さんと共に

赤坂BLITZで開催された堂本(剛)クンのプロジェクト、244 ENDLI-xのLIVEを観にいった際

LIVE終わりで赤坂SACAS内にある居酒屋に行ったら、周囲にいたお客の殆どが

244 ENDLI-xのLIVEを観終わったヒト達ばかりで、お店を後にする際、そのお客のヒト達から

来るヒト来るヒトからそれゞ「頑張ってくださ~い」と声を掛けられ、「ああ~」というキモチになった…

といったハナシをされておりました。^^

いや今回は、その後に発表された『1000Days for 100Songs』というスゴイプロジェクトにもおったまげましたが

個人的には8/3に開催予定の東京湾クルーズ&クラブイヴェントに行ってみたいトコロですね!

(このイヴェント、スゴい競争率高そうですけれども…果たしてどうなるでしょうか?^^)

以上長~い6/1のクラブイベについてのセトリとレポとをお届け致しました!

なお昨年同じくclub asiaで開催されたクラブイヴェントに関する記事はコチラからご覧になれますので、お時間ありましたら、どうぞ目を通してやって欲しいと思います。

長くなってしまいましたが、最後まで読んで頂いてホントにありがとうございます。m(__)m

それでは、また明日お目にかかりましょう。Auf Wiedersen!(^O^)/

|

« T.M.Revolution TBS「CountDownTV」出演映像 | トップページ | 小松彩夏ちゃん 来月7/11から紀伊国屋サザンシアターで上演の舞台「エブリリトルシング」に出演決定! »

浅倉大介」カテゴリの記事

コメント

クラブイベントで400人ってすごくないですか?

それにしてもセトリそんなに覚えていられるなんて凄いです!

PATi-NIGHTの曲順さえもあやふやな私です(笑)

投稿: ミッキー | 2008年6月 5日 (木) 23時30分

>ミッキーさん
どうもコメントありがとうございます!

今回はFC番号と一般発売による整理券番号の合計で
400番台まで行ってましたから、ヒト入り的にはほぼ400名くらいいっていたはずです。
参加人数では、遥かに去年を上回ってましたね!

実はこう見えても楽しむ一方で、ちゃんとイヴェント内は
しっかりメモをとっていたりします。
セトリは逐一記入しながら、あとわからなかったトコロがあれば
他の方のブログ等で確認したりしています。^^

もっとも他のDJ DKOやURAKENといった方々については
わからない曲のほうが多いので、セトリは書いてませんけれど
やはり雰囲気などについては書かなきゃいけないと思うので
やや漠然とはなりますが、書けるトコロはどうにか書ければ…
と思いながら書いています。^^

ところでミッキーさんは大ちゃんからの新着情報はもう御存知ですか?!
iTunes Music Storeにて実に3年かけて
100曲もの音楽を配信する!というのには仰天させられました!
まさに新しいコト好きの大ちゃんの面目躍如といった
カンジさえしますね~!(^_^)y

投稿: MC-K3 | 2008年6月 6日 (金) 01時20分

クラブイベの様子がすごいよくわかるレポですね。
ありがとうございます!
私もセトリは覚えられない方なんですが、MC-K3さんはメモを取っていらっしゃるですか。メモ取るにも6時間耐久レースは大変ですよね。
メモ取りしたこともありましたが、ライブやクラブに集中できないのでやめちゃいました。どうもあれこれ器用にはできない性格のようです(><;)

洋楽に疎いので実はクラブイベは特に何の曲やってるのかわからないものがあります。なので、タイトル聞いてもどんな曲なのかいまいちわからないのですが.....(^^;)
大chanがヒトサマの曲でスタートは珍しいですよね?
マドンナの曲はドラマ「CHANGE」の主題歌は好きですよ〜。

iTunesで100曲配信はすごいですよね〜。
これからの3年間が楽しみでしかたないです。

投稿: まいね | 2008年6月11日 (水) 00時11分

>まいねさん
どうもコメントありがとうございます!

いや~今回はものすごいチケット争奪戦になったこともあってか
ホント参加できるだけでもメッケモン的カンジもしましたが
それなのに、参加して「楽しかったです」だけだと
それだけかよ!みたいでイヤなので、長くなってもいいから
毎度のことながらセトリに加え、クラブ内のスケッチ等しながら
記事を書いていますが、見てくれた人それぞれが
何かを感じ取ってくれればイイと思ってますので
可能な限り、集中しながら書いたつもりです。

しかし大ちゃんが3年間で100曲もの曲をiTunesで発表するとは
一体誰が想像したでしょうか?
…となるとこれから過去に書いた虹シリーズの曲とかも
iTunesで売りに出されるのでしょうか…?
ボクはあれはアルバム通して聴いて欲しいと思っているので
できればそれはちょっとなぁ…と思うのですが。

マドンナの曲は、まさか大ちゃんが!といったカンジでした。
その前日くらいに「Neo Age Circuit」でも流れていたのですが
でも「ナンでマドンナ…?」というのは、正直ありましたね。
PSBは昨年のクラブイヴェントやソロLIVEでやったりしてたので
もしかすると来るのかな?と的カンジはしてましたが。

ちなみに今、木村拓哉が出演中のドラマ「CHANGE!」で
主題歌に起用されているのは"Miles Away"です。^^
と言いつつ全く「CHANGE!」見てないんですけれども…。

投稿: MC-K3 | 2008年6月11日 (水) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅倉大介 クラブイヴェント「Sequence Virus 2008」@渋谷・club asia セットリスト:

« T.M.Revolution TBS「CountDownTV」出演映像 | トップページ | 小松彩夏ちゃん 来月7/11から紀伊国屋サザンシアターで上演の舞台「エブリリトルシング」に出演決定! »