« access 2007年LIVE@中野サンプラザ映像―15 | トップページ | Iceman TBS「b」出演映像 »

2008年2月21日 (木)

浅倉大介 『DA'S COMPLETE RECORD』内収録映像

昨日は割と暖かい一日でした。朝からブル②というのがなかった分、早く起きることができました。

普段なら午前7時頃まで…もう少しフトンの中にいさせて欲しいと思うトコロなのですが

意外に苦もなく、すんなり起きられました。

これから暖かくなると…やはり遅れてきた花粉が飛散し始めることになるのでしょうか。

幸いボクはまだ発症していないのですが…すでに周囲ではくしゃみ・鼻づまりに悩まされている方が

出てきているようですので、気をつけなくてはならない時期が…ようやく訪れたといったトコでしょうか。

さて今日も新着情報がありませんでしたので、また一つ映像ネタでお楽しみ頂こうと思います。

今から8年前に大ちゃんが生産数限定で発売された10周年記念本ならびにCD-ROMが

セットになった『DA'S COMPLETE RECORD』におさめられているCD-ROMに収録されている

ピアノコンチェルト映像が見つかりました。どうぞコチラからご覧ください。(^^)

わずか2分弱の映像ではありますが、『DA'S COMPLETE RECORD』は数量限定生産だったこともあり

もはや入手不可能であることや、現在となっては非常に高いプレミア価値がついているので

まだご覧になられたことがない!という方は、今ココで見ておかないとソンしますよ!

普段のようにYAMAHA MOTIF XSや、ショルダーキーボードのKX5を弾いている姿もイイですが

こういう風にグランドピアノを弾いている姿も非常によろしいので、是非見ておいて下さい!

以上本日の記事をお届け致しました。また明日お目にかかりましょう。A Bientot!(^O^)/

|

« access 2007年LIVE@中野サンプラザ映像―15 | トップページ | Iceman TBS「b」出演映像 »

浅倉大介」カテゴリの記事

コメント

大ちゃんのピアノってどんな曲調でも前向きな感じがして良いですよね^^

投稿: ミッキー | 2008年2月21日 (木) 20時49分

>ミッキーさん
どうもコメントありがとうございます!

大ちゃんの書く曲はホントに叙情性豊かですよね。
ディミニッシュの仕方にも特徴がありますし
虹シリーズQMR第1~第7楽章のように
デジタルオーケストレーションを配して創り上げられた曲群は
その最たるモノだとボクも思います。

ボクの友人に、少しばかりクラシックを学んだ人間がいて
QMR全楽章聴かせたことがあるのですが、ソイツ曰く
「コレ、クラシックを学んでいないヒトの書いた曲だね」と
肯定・否定どちらかわからないような妙(?)な返答をしてました。
(返事としては「まぁアリなんじゃない?」的でしたけど^^)
もしかすると大ちゃんの曲は”本式にクラシックを学んでない”
ヒトにも十分理解されているのだろうと思います。

やはりジブンで表現したい、創りたい音について
コダワリを持ちつつも、柔軟さと先端性を兼ね備えているのが
大ちゃんの持ち味なんだと思いたいですね♪


投稿: MC-K3 | 2008年2月21日 (木) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅倉大介 『DA'S COMPLETE RECORD』内収録映像:

« access 2007年LIVE@中野サンプラザ映像―15 | トップページ | Iceman TBS「b」出演映像 »