« access 2002年 REVIVAL LIVE映像―12 | トップページ | access デビュー15周年記念映像By Oricon Style 第6弾到着! »

2007年11月28日 (水)

access 15th Anniversary Live in 苗場レポ ダイジェスト

どうも皆さま。もう後3日で11月も終了ですよ!もうあと1ヵ月で12月突入です!

さて、今日は先週開催されましたaccessの結成15周年記念企画となる

15th Anniversary Live in 苗場のレポがようやくながらまとまりましたので

ダイジェストでアップしたいと思います!

なお今回の15周年記念苗場ツアーへは、当然ながらボクは現地に行ってはいませんので

マイミクの友人が24日に苗場に行ったレポを見ながら中心に記載しています。当然それ以外は伝聞ですので

その点のみ悪しからずご了承くださいませ。m(__)m

1日目のLIVEですが、大ちゃんはヒョウ柄のジャケットに、ヒロが黒の上下と言うイデタチで

"NAKED DESIRE"→" Virgin Emotion"→”MSTY HEARTBREAK"→"Jewelry Angel"→"TRY AGAIN"

→3部作シングルシリーズ("Drastic Mermaid"→"Scandalous Blue"→"Tiar's Liberation")

→"Life Goes On"→"Against The Rules(どうやらDual A Trance verだそうです)→"EDGE"

→"Doubt & Trust"→"瞳ノ翼"

(ココからアンコール)"Only the love survive"→"MOONSHINE DANCE"→"S-MILE GENERATION"というセットリストだったようです。

初期の曲から今年発表された曲まで、15周年記念のツボを押さえたセトリで見てるコチラも

その内容の充実さが伝わってきました。

なお2日目は"TRY AGAIN"が"夢を見たいから"に、"MISTY HEARTBREAK"が"SWEET SILENCE"に、

そしてアンコールの"Only the love survive"が"REAL AT NIGHT-眠れぬ夜の向こうに-"に

変わっていたそうです。

そして今回の目玉となるアコースティックLIVEは苗場プリンスホテルのブリザーディウムで開催されましたが

今回15周年記念を祝ってつくられたオリジナルカクテル3種についても記しておきます。

☆JEWELRY ANGEL― グラスの底に沈むダイヤモンドのようなクリスタルシュガーを
ほのかなピーチの香りをスパークリングワインで満たしたカクテル☆

(ピーチリキュール、スパークリングワイン、クリスタルシュガー、ぶどうシロップ、テンファレ(食用花)でつくられています)

☆SCANDALOUS BLUE― 小悪魔のささやきをイメージしたホワイトラムとカルピスのコラボレーションが絶妙ななカクテル☆

(ホワイトラム、ブルーキュラソー、カルピス、レモン、マラスキーレッドからつくられています)

☆SWEET SILENCE― 甘さ重視のボディにフルーツの酸味が効いたノンアルコールカクテル☆

(グレナデンシロップ、グレープフルーツジュース、バニラエッセンス、マラスキーノグリーン、オレンジからつくられています)

中々凝った内容で実際に他のBlogで写真も見せて頂きましたが、食事の後の一杯には

十分イケそうなカンジのカクテルに仕上がっています。

以上の3品ですが、このレシピを見て、”ウチの店でもやるよ!”っていうお店があれば是非とも記してご利用下さいませ。

さて実際のアコースティックLIVEですが、大ちゃんのピアノとヒロの歌という真にそのままの内容でおこなわれましたが

今回の目玉といってもいいような内容だったと言ってよいかもしれません。

友人のレポを見たら、2日目のアコースティックLIVEで大ちゃんが感動のあまり

ナミダを見せた…そうですが、大ちゃんが泣いたというのは1994年12月19日の横浜アリーナでの

SYNC ACROSS TOUR '94 DELICATE PLANET ARENA STYLEで最後の曲となった

"LOOK-A-HEAD"を演奏し終わったあとにナミダを見せた以来のことだけに

13年ぶりに余程感極まって…的な想いから来る熱いモノを友人のレポを読んでいて

ボクもすこしグッと来そうになりました。

そのまま会場のみんなで"1000年の誓い"をフルコーラスを歌った後に2人が再びステージにあらわれ

「なんて言葉にしたら良いのかわからないけど…本当にありがとう!」という言葉を

かけてくれたというからスゴイではないですか!

やはり結成当時からファンを第一に考えていただけあって、その姿勢たるややはり

プロのミュージシャンとしての凄さを改めて感じさせてくれるエピソードだと思います。

そしてセトリですが、1日目は"Regret"→"Shadow Over The World"→"Hung Me For The Distance-絆された愛の果てに-"

→"White Lights"→"I SING EVERY SHINE FOR YOU "→"FIND NEW WAY"→"Lovin' You"という内容でした。(2日目は"Regret"が"PALE BLUE RAIN"に変わっていたそうです

そしてその後同じく同会場にてクラブイヴェント「Sequence Virus」が開催されましたが

コチラはAM3時頃の大ちゃんの部分のみ記しておきます。

セトリはやはりクリスマスシーズンということで"Jingle Bell"でスタートし、まずは今年開催されたツアーの

Dance Palade Mix verで"HOT CRUSING NIGHT"→"REAL AT NIGHT-眠れぬ夜の向こうに-"

→"Against The Rules(2002 Dual A Trance ver.)→"瞳ノ翼"→"Hung Me For The Distance-絆された愛の果てに-"

→You Raise Me Up(Celtic Woman)→Last Christmas(WHAM!)→"戦場のメリークリスマス(坂本龍一)"→"LYIN' EYES"

→"DECADE&XXX"→"LOVE&JOY"→"LOOK-A-HEAD"(意外!ですね!)→"White Lights"という順番でした。

ちなみにその日、ヒロもクラブイヴェントに来ていたらしく(モチロン酒入ってます^^)

クラブイヴェント終了後に大ちゃんがいるステージ上に駆け上ってきて

大ちゃんを思いっきりハグしてたそうです!

さらには大ちゃんからマイクをわたされて、ヒロもとっさのイキオイにまかせて

「accessは永久に不滅です!」と叫んでたそうです。^^

大ちゃんに「なんだよ~この酔っ払い~」と足蹴にされてたようですけれども

いや!ホントに大盛り上がりの苗場2daysだったようですね!

今回ホテル内ではツアーのサポートメンバーによるaccessからのメッセージがあったり

さらにはホテル内で今年のツアーLIVEが見れたりと、ファンにとっては至れり尽くせりの内容で

実に充実した内容だったようです。次は5年後の結成20周年企画を目指して邁進して欲しいモノですね!

さてもう皆さんも御存知だとは思いますが、accessの今年のツアーを来年2008年春に

DVD BOXで発売されることが決定しました!時期や価格、収録内容等は後ほど発表されますので

もうしばらくお待ち下さいませ。m(__)m

コチラも例によって例の如く、完全限定生産品ですので、お買い求めの際は必ず御予約を

お忘れなく。(詳しい情報はコチラをご覧くださいませ)

いや~この調子なら20年でも30年でも頑張ってくれそうですね!とにかくどちらかがリタイアするまで

そして最後はヒロが第一期時代によく言っていましたけれども、火星でLIVEを開催してくれるまで

ボクもファンでい続けたいと思います!

なお今回の2days Liveの模様がコチラのサイトに載っています。あともう一つコチラからも

ご覧になれますので、興味のある方はどうぞご覧ください。

以上先週23日と24日に開催された苗場レポをダイジェストでお送りいたしました!

今回もまた長くなってしまいましたが、お付き合頂きありがとうございます。m(__)m

それではまた明日お目にかかりましょう。Au Revoir!

|

« access 2002年 REVIVAL LIVE映像―12 | トップページ | access デビュー15周年記念映像By Oricon Style 第6弾到着! »

access」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: access 15th Anniversary Live in 苗場レポ ダイジェスト:

« access 2002年 REVIVAL LIVE映像―12 | トップページ | access デビュー15周年記念映像By Oricon Style 第6弾到着! »