« 宝塚歌劇 花組公演「アデュー・マルセイユ-マルセイユへ愛をこめて-/ラブ・シンフォニー」観劇記―前編 | トップページ | access ニューシングル"Doubt&Trust-ダウト&トラスト-"本日発売! »

2007年10月30日 (火)

宝塚歌劇 花組公演「アデュー・マルセイユ-マルセイユへ愛をこめて-/ラブ・シンフォニー」観劇記―後編

どうも皆さま。今日は昨日に引き続いて先日観てまいりました宝塚歌劇花組公演

「アデュー・マルセイユ-マルセイユへ愛をこめて-/ラブ・シンフォニー」観劇記の後編を

お送りしたいと思います。

今回オサちゃんの最後を飾るショーを演出されたのは中村(一徳)先生。主にショーの演出では

近年新しいタイプのショー作品をつくる方としてその名を知られています。

花組でのショー作品は7年前に上演されました「ビューティーズ!」以来になりますが

BGMにハードロックや打ち込み系の音楽を使用したりする斬新さは相変わらず健在です。

オープニングは3ヶ所に階段が用意されたセットから、幕が上がると同時にステージに

スタンバイしたオサちゃんにスポットライトが当たると共に、主題歌が流れながら

オープニングが進んでいきます。オサちゃんの魅力を忠実に引き出したシーンや

恋の駆け引きにまつわるシーンなんかはやはりタカラヅカらしいショーの一部となり得ているだけあって

安心して観ていられます。^^

今回のショーで意外だなと思ったのは、中村先生の過去これまでのショー作品というと

実はあまりラテンの印象が強くなく、そういったシーンがこれまで少なかったこともあり

(というより他のシーンが良すぎて、ラテンのシーンがさほど印象に残らないトコが中村先生の

ショーの凄味でもあるのですが)ようやくながらタカラヅカのショーの王道的ラテンシーンが

登場します。

オサちゃんを中心として女役と男役が交互にフラメンコを踊るシーンがあるのですが

これは非常に良く出来ていました!(あまり詳しくは書けないですが、これから上演開始となる東京公演

又はTOKYO MXTVで放送中の「TAKARAZUKA Cafe Break」等で観て欲しいと思います)

そして記事が短いので、「えっ、これだけ?」と思われそうですが、フィナーレもくどくならない

程度に充実しています。モチロンオサちゃん&あやねちゃん御両人による銀橋での

デュエットダンスもありますからね。^^

主題歌も口ずさみやすいカンジになっていますので、全然退屈せずに観られるショー作品であり

やはりこれでオサちゃんのトップ在任期間6年を締めくくるに相応しい内容になっていますので

是非11/16から12/24までの東京公演をご覧になられる方はオサちゃんの最後のショー

じっくり目におさめて帰って欲しいと思います。

ボクもチケット争奪戦に巻き込まれましたが、何とか12月に公演チケットを手に入れましたので

これで本当にオサちゃんも最後になるから、絶対見逃すワケにはいかないですね。

以上本日の記事をお届け致しました。それではまた明日お目にかかりましょう。

なお今日の午後8時から、明日の午前10時までメンテナンスが入るので

誠に申し訳ありませんが明日の記事はそれ以降の時間の更新となります。

悪しからずご了承下さいませ。m(__)m

|

« 宝塚歌劇 花組公演「アデュー・マルセイユ-マルセイユへ愛をこめて-/ラブ・シンフォニー」観劇記―前編 | トップページ | access ニューシングル"Doubt&Trust-ダウト&トラスト-"本日発売! »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした。フラメンコですか。
ちょうど名古屋では、昨日の新聞に、真飛聖お披露目『メランコリック・ジゴロ』@中日劇場の初広告がどーんと出ていたところです。前売りは12月1日より。いよいよ世代交代ですね。しみじみ。

投稿: Leo16 | 2007年11月 1日 (木) 09時42分

>Leo16さん
どうもコメントありがとうございます!

来年はついにゆうこさんがトップに就いての
新生花組体制がスタートになりますね!
しかし中日劇場でのお披露目公演は
ヤンさんがトップだった頃に上演された
正塚先生の書かれた名芝居
「メランコリック・ジゴロ-あぶない相続人-」ですか。
サスペンス・コメディと銘打たれているだけあって
内容は割としょうもないカンジのお芝居だったのを
覚えています。

そうそう。ちなみに来年GWに来る月組公演ですが
ユリちゃんの代表作となった「Me And My Girl」が
再上演されるようですよ。
ウタコさん・ユリちゃん…といった過去のトップの方々の栄華に
はたしてあさこちゃんは応えることができるんでしょうか?

こちらも何とか花組東京公演チケットも手に入れました。
去年はこの時期に同期のコムちゃんが退団し、
今年はオサちゃんですから、来年・再来年あたりは同期の
とうこちゃんの退団公演が来ることになるのでしょうか…?
それはともかくオサちゃんもとうとう今年いっぱいで
最後になるから、絶対に見逃せないですね!


投稿: MC-K3 | 2007年11月 2日 (金) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚歌劇 花組公演「アデュー・マルセイユ-マルセイユへ愛をこめて-/ラブ・シンフォニー」観劇記―後編:

» 宝塚花組公演千秋楽を映画館で初の生中継−イブに3都市7館 [Newsエンタメ/デジタル]
 宝塚歌劇団は14日、12月24日に東京宝塚劇場で開催される花組公演千秋楽の模様を、TOHOシネマズ系列の映画館で生中継することを発表した。東京、大阪、名古屋の3都市7館で、千秋楽の模様を映画館で中継するのは初の試み。  公演は花組トップスター、春野寿美礼の退団公演。ミュージカル「アデュー・マルセイユ」と、レビュー「ラブ・シンフォニー」、春野のサヨナラショーが中継される。入場券は30日から発 ... [続きを読む]

受信: 2007年11月15日 (木) 07時50分

« 宝塚歌劇 花組公演「アデュー・マルセイユ-マルセイユへ愛をこめて-/ラブ・シンフォニー」観劇記―前編 | トップページ | access ニューシングル"Doubt&Trust-ダウト&トラスト-"本日発売! »