« access NHK BS2「JA-POPS NOW」出演映像 | トップページ | access フジテレビ「MJ」 & TBS「CountDownTV」出演映像 »

2007年9月24日 (月)

小松彩夏ちゃん 初舞台作「アンラッキー・デイズ」観劇記&北川景子ちゃん テレビ朝日系ドラマ「モップガール」公式サイト更新情報

どうも皆さま。3連休もあっという間に最終日ですね。今日はどうやら雨が降るそうなので

外へお出掛けの際は傘の用意をお忘れなく。

さて今日は一昨日青山円形劇場で観てきました小松彩夏ちゃんの初舞台「アンラッキー・デイズ」を

観てきましたので、そちらについて書きたいと思います。

当日午後12時半頃に小田急線に乗って町田駅を出発し、その後代々木八幡駅で下車。

歩いても十分間に合う時間だったこともあり、そのまま徒歩で渋谷を経て、宮益坂から

246号線を歩いて、大体32.3分余りして青山円形劇場に到着しました。

しかし・・・この日の東京は気温が32℃と残暑厳しい中徒歩で来たのは間違いだったようで

着いた途端に汗がダラ②と流れ出して、しばらくの間、汗が引かないまま舞台を観ることになりました。

劇場内はその名の通り、円形をしたステージになっており、キャパも最大400名程度で

いわゆる小劇場のような演者と観客との間が非常に近くなっています。

さて午後2時と同時に照明が落ち、中央の舞台上に設置されているヴィジョンに映し出された

彩夏ちゃん扮するミキの「ツイてない…」一日の羅列からお芝居はスタートします。

直後に銀行強盗を計画する2人組が事前にコンビニに立ち寄るシーンへと続き

続いて漫画家のクニオ・シュタイナー(どーいう名前なんでしょ?)が編集者のサナダに連載の続きの

原稿の催促する場面へ。あまりの原稿の進行の遅さにサナダはシビレを切らして

一旦会社へ戻る途中で、クニオ・シュタイナーの作業机の中にあった黒く塗りつぶされた

千円札(この千円札がストーリーのカギを握るコトになります)を盗み出します。

サナダは銀行へ行って、この千円札を両替してもらう途中に、前述の銀行強盗2人組が現れ

強盗すると同時に、その千円札も銀行強盗によって奪われてしまいます。

さらにその千円札は銀行強盗2人組によって、コンビニで商品を買ったと同時に支払われ

彩夏ちゃんの元カレである野村カツヤ(彩夏ちゃんからは”カントク”という名で呼ばれるのですが

本人はそのニックネームが気に入らない様です^^)に渡り、さらにそこから巡り巡って…

お芝居はハチャメチャの大騒動になって行くコトになるのですが…ネタバレになる前に

あらすじはココまでにしましょう。

実はボクは今回初めて、いわゆる小劇団による、お芝居とコントの中間にあたる作品を観たのですが

ストーリーは荒唐無稽ではあるものの、かなり距離の近い場所でこういったお芝居を観たのは

コレが初めてになりました。

小劇団のお芝居というのは大方ホントに創り込まれた芝居か、こういったギャグを徹底的に盛り込んだ

コントに近い内容の話か二者択一という風にボクは思っているので、その点では破天荒かつ

かなりテンションも高かったこともあり、全然退屈はしませんでした。

さて今回ボクは彩夏ちゃん目当てでこのお芝居を観に行ったワケですが、いわゆるイマっぽい

どこにでもいるタイプのコというキャラでは彩夏ちゃんは一番のポジションにいるのではないでしょうか。

演技はめちゃくちゃ上手いというワケでもないのですが、彼女自身が抱えた不安のようなモノに

苛まれるリアリティさや、ヘコんだときに見せるしょげた顔とかはフシギと説得力を持っているので

その点では芝居の上手さでは、中々光るモノを見たようにボクは感じました。^^

ミキの元カレでカントク役のRUN&GUNの上山竜司クンも、デビューした2002年当時は

10代だったコトもあり、しかもアイドル・グループ(吉本興業所属とはいえ)でのデビューだったこともあってか

すぐに消えてしまうんじゃないの?的な囁きも聴こえたりしてましたが、今回非常に良い

芝居をしてくれています。過去ドラマ等で主役ではないものの、出演経験等が効いていることもあってか

見てて何ら遜色のない芝居っぷりで好感が持てました。

その他ではやはりナツメ役のモロ師岡さん、この方はすでに30年以上の芸歴を持つ

ベテラン中のベテランですが、とにかくテンション高く、しかももう50代真近(!)というのに

ギャグも芝居も非常に高い水準でやってのけてしまう辺り、やはり怪演者の異名を取るだけあって

ビビらされました。

このお芝居ですが、もともと主宰者の西永貴文さんが”映画を見る感覚で観客を楽しませるエンターテイメント”をテーマにしているだけあって

映像と芝居の融合を試みた作品として、一般でも割と高い評価を得ているようです。

芝居内で別のシーンにチェンジする際に、ブレイクビーツやジャーマン・プログレッシブ・ハウスのような音を用いたり

(恐らくこーいった音楽に詳しい方がいるんでしょう。もしかしてYAMAHARolandのサンプラーでも持っているんでしょうか?^^)

ある種独特な芝居のセンスを持った方々という風に感じました。^^

調べてみたらこのお芝居は過去に2004年4月~2006年9月までフジテレビで火曜深夜に

放送されていた「劇団演技者。」で最初に放送された作品だったこともわかりました。

だから過去に深夜ドラマ枠によく出演していた彩夏ちゃんが出演しても何ら遜色ないワケですね~。^^

もしかするとこの劇団「猫☆魂」は舞台とドラマの可能性を新たなレベルへシフトしてくれるかも知れません。

ボク的には中々オモシロイ存在という風に感じましたので、もし何かミョー(?)な芝居があれば

またこのBlogでPickすることになろうかと思います。

この「アンラッキー・デイズ」は今週27日まで青山円形劇場にて上演中ですので、もしこのBlogを見て

興味が湧いた!という方は当日券も用意されているようですので、足を運んで観に行ってみてはいかかでしょうか?

それでは本日はこの辺で・・・と思いましたが、もう一つ情報をアップしておきましょう!

来月10/12からテレビ朝日系列にて放送が始まる北川景子ちゃん主演のドラマ「モップガール」ですが

こちらは新たにサイトが更新され、景子ちゃんからのメッセージ映像が見られるようになっています。

詳しくは上記リンクをクリックしてみて下さい。

そして北川景子ちゃんですが、本日原宿にありますクエストホールにて

所属事務所のスターダストプロモーションのより開催される

「スターダスト芸能3部新人発掘オーディション-Who is the next blooming-」の

最終オーディションにゲストで出演することになっています。

もし3連休最終日でヒマ!という方は是非行かれてみてはいかがでしょうか。

それでは本日はこの辺で。3連休も最終日ですがカラダに気をつけてお過ごし下さいませ。

|

« access NHK BS2「JA-POPS NOW」出演映像 | トップページ | access フジテレビ「MJ」 & TBS「CountDownTV」出演映像 »

北川景子ちゃん」カテゴリの記事

小松彩夏ちゃん」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
不安いっぱいで見に入ったのですが、いや、まったく普通以上に楽しめたことが意外な驚きでした。:-)

> 彼女自身が抱えた不安のようなモノに
> 苛まれるリアリティさや、ヘコんだときに
> 見せるしょげた顔とかはフシギと説得力を
> 持っているので
これ同感です。はまり役でした。

投稿: dante | 2007年9月24日 (月) 13時20分

観劇記読みました。かなり良かったようですね。この連休は、今日24日しか休みがなかったので、上京観劇できませんでした(^_^;)
機会があれば、生舞台見てみたいですね~。

投稿: 卓 | 2007年9月24日 (月) 13時51分

>danteさん
どうもお久しぶりです!

彩夏ちゃんの初舞台にして、初主演作!ということもあって、ボクも観るまでは多少不安がありましたが
基本的にはスクリューボールタイプのコメディで
楽しんで観ることが出来て良かったです。

彩夏ちゃんは別段芝居のセンスが
そんなにあるワケでもないのですが
ただヘコんだときに見せる表情とかは
これがどうして…と思わせるようで
中々ハマってたりするんですよね。^^
演出家の西永(貴文)さんはそういったトコロまで
ちゃんと読んだ上で彩夏ちゃんを起用したんだと思います。

あとは興業的に良ければ再演も十分にあり得るだけに
どうなるか楽しみですね~。^^


投稿: MC-K3 | 2007年9月24日 (月) 22時39分

>卓さん
どうも当Blogへようこそ!m(__)m
2ヶ月前に渋谷で開催された彩夏ちゃんの
21才のバースデーイヴェントに急遽参戦されて
それからかなり時間が経ちますが
いかがお過ごしでしょうか?

公演日程は明日・明後日・明々後日の
3日間ですから、恐らく27日の千秋楽は
チケット完売ということもあり得ますので
早めに上京しておいた方がイイと思います。

今回のお芝居は東京のみの公演となりましたが
観られなかった方のためにDVD化が予定されています。
現時点でWeb上では販売サイトがありませんので
詳しくはネルケプランニング
TEL 03-5469-4280に問い合わせてみて下さい。

投稿: MC-K3 | 2007年9月24日 (月) 22時51分

なんとフジで放送されてたんですね~。私はまだ行ってないので、ネタバレに気をつけてささっと読みましたが(爆)面白そうな舞台なのでとても楽しみです(^^)v

投稿: カシオペア | 2007年9月25日 (火) 00時25分

>カシオペアさん
どうもお久しぶりですm(__)m

お芝居は怒涛のギャグ満載!で
彩夏ちゃんと上山クン以外の登場人物みんな
イッちゃっている人たちばかりという
かなりブッ飛んだ内容になっています。

上演時間は正味2時間半ですが
案外短く感じられましたので
見てる時間はアッという間に近いと思います。
当日まで期待していて下さい!

投稿: MC-K3 | 2007年9月25日 (火) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小松彩夏ちゃん 初舞台作「アンラッキー・デイズ」観劇記&北川景子ちゃん テレビ朝日系ドラマ「モップガール」公式サイト更新情報:

» [小松彩夏] 「アンラッキー・デイズ」を観に行ってきた その2 [深淵の構造 オタク篇]
バレンティン役の宮川浩は、高橋由美子版「アニーよ銃をとれ」中日劇場編でフランク・バトラーを演じているが、ちょっと冴えなかった。 [続きを読む]

受信: 2007年10月 6日 (土) 01時32分

« access NHK BS2「JA-POPS NOW」出演映像 | トップページ | access フジテレビ「MJ」 & TBS「CountDownTV」出演映像 »