« 西川貴教 アニマックス開局9周年記念番組「歌って歌って24時間!みんなのアニソンベスト500」に出演! | トップページ | 木村由姫 テレビ朝日「MUSIC STATION」出演映像 »

2007年6月12日 (火)

浅倉大介 クラブイヴェント「Sequence Virus 2007」@芝浦・ARK セットリスト

日曜日の雨の後、非常に過ごしやすい天候に恵まれていますが

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて!今日は先週6/9に東京・芝浦のStudio Cube326内にあります

LIVEハウス・ARKで開催されました、大ちゃんのクラブイヴェント

「Sequence Virus 2007」のセットリストならびに当日の内容を

ザッと挙げてみたいと思います!

この日は大阪から来られた友人2名と共に、新橋からゆりかもめに乗って

芝浦埠頭駅で降り、そのままJR田町駅方面へ歩くこと15分ホドして到着。

そこから前売りのチケットに記載されている、整理番号順で待つこと

20分余りして、中に入ったのですが…基本的にLIVEハウスという場所は

結構中が散らかっていたり、汚かったりするモノなのですけれども

このLIVEハウスが入る建物は築年数が間違いなく20年以上しているようで

場所全体が恐ろしく雑然としており、2基あるエレベーターも昇降時間が

エラく遅かったり、トイレのある階がわからなかったりと施設上不備なトコが

目につくトコロも多々あって、正直ちょっとゲンナリしました…(>_<)

この先同地に行かれる方は十分注意して下さい。

そして!午後4時の到来と共に大ちゃん登場!この日の前日に

TM(NETWORK)トリビュートツアーが、NHKホールでファイナルを迎え

さらに来月7/4にはaccessとして、実に4年半ぶりになる通算7枚目の

アルバム『binary engine』の発売、更には7/6にはaccessでツアー再開!という中で

2007年前半の活動を締めくくる意味での、前半最後のクラブイヴェントという

アナウンスの後、早速YAMAHAのDX-200やRolandのV-Synthの他に

さらにドイツのレックリングハウゼンに本社を置く、ACCESS最強アナログシンセの

Virus Indigo(!)など…DJやってるヒトやシンセサイザー使って音楽を

創作しているヒトたちにしてみれば、仰天しそうな機材が辺り一面にならぶ中で

間髪置かずにデジタル音がフロア内に響き渡りました!

トップは虹シリーズの藍色のアルバム『Indigo Algorithm』に収録されている

"Division By Zero error"でスタートし、その後、サラ・ブライトマンのカヴァーによる

プロコル・ハルムが1967年に放った大ヒット曲"A Whiter Shade of Pale"

(邦題「青い影」)を大胆にトランスアレンジ!元々この曲はJ.S.バッハ

(そう言えば大ちゃんが飼っている新しい犬の名前はジョアン君でしたっけ^^)の

カンタータ140番「目覚めよと呼ぶ声あり」を、モチーフに使った曲であり

過去には色々なアーティストがカヴァーしていたりする名曲でもあります。

(タカラヅカでも後半のショーなどで割とよく使われたりしてますしね。^^)

ですが…その後にフロアに流れた曲は申し訳ないのですが

殆どわからないモノばかりで、何がプレイされたかわからないまま

フロアで我を忘れたまま最初の40分が過ぎてしまいました…(^^;;

(2000年にそこら中のFMでオンエアされ、トランスブームの火付け役にもなった

システムFの名チューン、"Out Of The Blue"がプレイされたりしたコトは

覚えているのですが…)

その後フェラーリのジャンパーを羽織ったDJ DKO(ドラマーで大ちゃんの

サポートをつとめたこともある大光ワタルさん)や、今年の元旦に開催された

渋谷・club asiaのクラブイヴェントにも参加されていたDJ URAKENのプレイで

大いにフロアが沸いた後、再び大ちゃん登場!今度は守尾さんや大光さんと

共にリズムマシンを操作しながら、大ちゃんがそれに合わせるカタチで

フレーズを繰り出すというカンジで言うならばジャズミュージシャンによる

ジャムセッションに近いようなカンジのタイムがおよそ40ないし50分くらい続き

その後には同じく1/1のクラブイヴェントにも参加されたDJ SILVERの

DJタイムへ。ただこの時サンプリング用の音となる曲を流すために使う

CDデッキが途中2度ほど止まったりとアクシデントに見舞われましたが

冷めないフロアのノリを持続しながら、午後8時半ごろ三度大ちゃん登場!

この時ボクはステージ脇の階段にいたのですが、なんと!降りて来る

大ちゃんと運良くタッチできました!o(^O^)o

神の手を持つ方とタッチを交わすというスゴすぎる偶然!

コレもクラブイヴェントならではの醍醐味というヤツでしょうか!(*^_^*)

いよ②このラウンドでオーラスになるので、フロアに戻ったボクはしっかりと

ブースを見つめる中、2度目の大ちゃんが初っ端にチョイスしたのは

accessの"DRASTIC MERMAID"でした!

コレでまずフロアが大きく沸き立つと、続いてもって来たのは

また②意表を突いて、オナペッツの"恋泥棒スマイリー"(!)なんていう

オナペッツを殆ど知らないボクにとっては、この後に外に出て、セットリストを

友人と照らし合わせて知りましたが、いや時折コチラが想像しないような

ナンバーをチョイスしてくるあたり、大ちゃんのチョイスするセンスには

ビビらされます!(^_^)y

続いてソロアルバム『ELECTROMANCER』収録の"BEAT OF DREAM"から

次に来たのは、これは次のアルバム『binary engine』に収録される曲でしょうか?

全く聴いたことのないナンバーが来ました。(歌声がヒロだったのですぐに

accessの曲であるコトは確信しましたが、ただそう言いつつもフロアは

全く冷めることなく周囲を見渡せば硬質なリズムにノッて応える客ばかりで

やはりファンってのはスゴイよなと改めて考えさせられたりもしましたが。(^^;;

続いて虹シリーズの黄色のアルバム『Yellow Vector』に収録されている

"Le Petit Prince -le renard dore ver.-"に続いて、『Sequence Virus 2006』

収録されている"over Quantum Mechanics Rainbow 2006"へ。

ミディアムテンポながらメリハリの効いたデジタル音がフロア内を包みこむ中

次に来たのは、このクラブイべでは欠かせないナンバーの一つに

なった感もありますが、ケルティック・ウーマン"You Raise Me Up"

トランスverでフロアに手拍子が鳴り響くと、お次は待ってました!とばかりに

同じく黄色のアルバム『Yellow Vector』収録の"Venus Vector"で

フロアが一斉に沸き立ちました!(^O^)

さらに続いて来たのは…これも意外でしたが、木村由姫の2枚目のアルバム

『sol sofege』に収録されている"I feel you-Early Summer Feeling-"へと続き

そしてコレもボクにとっては初めてでしたが、同じく大ちゃんのプロデュースで

デビューした雛形あきこが1996年に発表した1stアルバム『ヒナ・コレ』に

収録されている"Ocean View-海に降る雨-"、さらにはPool Bit Boysの

デビューアルバム『PB2』に収録されていた"Off Shore"とややペースを

落としてスローテンポの曲が3曲連続で来ました。

もうじき来る夏が訪れる前のプレリュード(?)といった感もあったせいか

ややスローめいた3曲の夏メドレー(?)は中々ココチ良く聴こえました。^^

少しペースを落とした後に、続いてきたのは『Sequence Virus 2006』に

収録されたverの"BLUE SKY BLUE"から、Icemanの"Eyes Bright"へ!

そしてaccess"Hung Me For The Distance-絆された愛の果てに-"に続いては

15周年を記念する曲となったaccess"Stay"へ!

実はこの時プレイされたverはオリジナルとは歌詞がまた別のモノになっていて

恐らく数曲レコーディングされたモノの中と違って別テイクと思しきモノが

チョイスされました!(^_^)y

こーいうのも滅多にないからやはりオモシロイですよね!o(^O^)o

そしてここからは7曲は大ちゃんのチョイスが光りまくる真骨頂!

まずはTOKYO DISNEY LAND ELECTRICAL PARADEと

昨年大阪・よみうりテレビの主催で夏に開催された一大イヴェント

”わくわく宝島2006”のテーマソングにもなった、マジーとレギュラーの

"愛キラキラ"を大胆にドッキングさせ、さらに途中の間奏に

ELECTRICAL PARADEのメロディを加えるという手の込み具合!

これぞ大ちゃんワールドの極致!とでも言いたくなるような

スゴさを見せつけると、続いてはこの曲もクラブイヴェントでは恒例ですが

木村由姫の代表曲、"LOVE&JOY"へとなだれ込んでいきます!(^O^)

ハッピー度100%の曲に理由なんて必要ありません!

途中の「Foh!」ボイスに合わせて、フロア一丸となってジャンプで

応酬する様こそクラブイヴェントに相応しい場面に他ならないのです!

続いて虹シリーズの青のアルバム『Blue Resolution』に収録されている

"'Deep Blue' Resolution"に続き、またしても黄色のアルバム『Yellow~』から

"Puppet Master"!と立て続けにジャンプしまくりの2曲に続いて

ややスローテンポに戻り、間もなく来る夏にちなみ、木村由姫のデビュー曲

"Summer Rain"でしっとりさせた後に、アンコールにaccessの最新ナンバー

"瞳ノ翼"に続き、シメに虹シリーズ。藍色のアルバム『Indigo Algorithm』に収録の

"Indigo Cave"でオーラスとなり、大ちゃんとサポメン2名の他にDJ2名を

加えた計6時間もの狂宴はココにお開きとなりました。

(マジデツカレタデス…orz...)

この日最後のMCで大ちゃんが昨日のTMトリビュートツアーが終了したので

その日急遽飛び入りしたヒロも一緒に打ち上げ会場に向かい

TM一の酒豪で知られるウツのそばで酒をガンガン飲まされて

ようやく大ちゃんが帰る頃になって、その場を後にした話や

(ちなみに大ちゃん、その日の打ち上げ終了後となる午前4時頃に自宅へ戻り

その後一眠りして朝8時には起きて、通常通り楽曲制作に臨んでいたそうですから

スゴイモンです)

この後来月6日よりスタートする”access TOUR 2007-binary engine-”の話など

その他諸々の話の後午後10時半頃ようやく、長かった6時間に及ぶ

クラブイヴェントが幕を閉じ、ボクはこの日知り合った友人2人(+その友人1人)と

共にJR田町駅からそのまま山手線に乗って、JR渋谷駅で降りて

そのまま徒歩で小田急線の代々木八幡駅から町田駅まで出て

そこから帰途に着きました。

追記になりますが、この日フシギだったのは、モデルさん(もしくは女優さん?)と

思しき女性が、多少御年を召された事務所の方(だと思われます)と共に

クラブイヴェント会場に来ていたのですが、フロアの飛んだり跳ねたりとかせず

ただゞ直立不動でずっと立ったままでイヴェントを見ていた方がいたのですが

このヒトがすごく気になりました。一体誰だったんでしょうね?

(因みにセーラームーンに出てくる火野レイちゃんのようなかなり髪の長い方でした。

加えてあの身長と容貌から察するに恐らく女性誌のモデルの方だと思うのですが

もしご存知の方がいらしたら、コチラまで情報よろしくお願い致します)

これで2007年前半を総括する意味でクラブイヴェントは終了しましたが

また年内にどこかでクラブイヴェントがあってくれることを祈りたいです。(*^_^*)

以上長い②本日の記事をお届け致しました!今回のレポ記事に最後まで

お付き合い頂きありがとうございます。また明日お目にかかりましょう!See Ya!(^O^)/

|

« 西川貴教 アニマックス開局9周年記念番組「歌って歌って24時間!みんなのアニソンベスト500」に出演! | トップページ | 木村由姫 テレビ朝日「MUSIC STATION」出演映像 »

浅倉大介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅倉大介 クラブイヴェント「Sequence Virus 2007」@芝浦・ARK セットリスト:

« 西川貴教 アニマックス開局9周年記念番組「歌って歌って24時間!みんなのアニソンベスト500」に出演! | トップページ | 木村由姫 テレビ朝日「MUSIC STATION」出演映像 »