« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

月野うさぎちゃんのお誕生日&浅倉大介 最新情報

今日はセーラームーン、月野うさぎちゃんのお誕生日です。

セーラー戦士5人のまとめ役でありつつも、明るく日々おバカとカワイさを振りまきながら

今日まで続くアニメの中では偉大なるキャラクタとして、その人気を博しています。

恐らく今の女の子向けアニメの中では、このうさぎちゃんのようにおバカで泣き虫でも

可愛く、自分らしくというパーソナルな部分を追及した結果誕生したキャラの中では

ホントに草分けともいえる存在ではないでしょうか。

もし実際に生きていれば、今年で30歳になるわけですが・・・架空の人物を現実になぞらえる

という行為は・・・やめておいたほうがイイですね。^^

さて今日は6月最後ということで、最後に取っておいた大ちゃんから話題を一つお届けしたいと思います。

大ちゃんが今週の28日にリットー・ミュージックから刊行された雑誌「キーボードマガジン」8月号に

特集として”プロのオリジナルで聴く!最新シンセサイザーサウンド”の中に登場しています。

使用機種はモチロンYAMAHA MOTIF XSシリーズで、音源を制作するにあたってのポイントや

スペックなどをコト細かに説明してくれています。

そして!この雑誌には付属で付いてきたCDに大ちゃんによる音源も収録されています!

つまりこれが現時点で大ちゃんが創った最新曲ということになるので、これはゼッタイ見逃してはいけません!

ましてや雑誌についているCDは売り物として扱われていない(扱うことができない)だけに

恐らくレア音源(今後さらに何らかのアレンジがなされて、店頭にならぶコトもあり得るかも知れませんが)

となるかも知れないだけに、コレは是非Checkしておきたいトコロですね!

ともかくこの記事を読んで、興味を持たれた方は今すぐお近くの書店に行かれてみてください!

もしかすると専門書だけにお近くの書店で扱われていない場合はコチラでお求めになれます。

ともかく上半期が終わり、これから夏に入ってからの大ちゃんの活動がaccess以降の

ソロワークの全貌がまだ見えてないだけに、今後とも見守って行きたいと思います。

そして今日で6月も最後ということで、これで2007年も上半期が終了となります。

2007年も残りあと半年で過ぎてしまうことになりますから、これを機にもう一度日々を振り返るつもりで

後半に臨んでいきましょう。

今日はココまで!ボクは今から出発準備をして、深夜バスに乗って大阪まで行って来ますので

また明日お目にかかりましょう!Adios!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

木村由姫 DISCOGRAPHIES CM集映像

いよいよ6月も残りあと1日となりましたね。だというのに天候がまた良くないのが気にかかります。

今週末の連休を利用して、また深夜バスで大阪へ移動して、宝塚大劇場まで宙組公演を

観に行くことになっているのですが…。

さて今日も新着情報がありませんでしたので、手短に行きたいと思います。

今日の映像はちょっと珍しいですよ!大ちゃんがプロデュースした女性シンガーの一人

木村由姫が過去に発表したシングルとアルバムのCMを一まとめにした映像が見つかりました。

どうぞコチラからご覧ください!(^O^)

実はボクも相当なDAマニアでありながらココにおさめられているCMについては

一本たりとも見たことがなかったのでこういう映像集は非常にありがたい限りであります。

でも見た限りでは2001年7月発表されたアルバム『process“Y”』や同じく11月に発表された

『Best Selection』のCMはなかったのですが、コチラは制作されてなかったのでしょうか?

1998年のデビューから2001年末で引退するまで僅か3年間ではありますけれども

徐々に艶やかに変わってゆく彼女の映像は中々そう見られるモノではありませんから

こちらも是非Checkしておいて欲しいと思います。^^

できれば誰かT.M.RevolutionとかでこういうCM集映像をアップしてくれませんかねェ…?

ということで本日はこの辺で失礼致します。また明日お目にかかりましょう。A Domani!(^O^)/

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月28日 (木)

宝塚歌劇 星組東京公演「さくら-妖しいまでに美しいおまえ-/シークレット・ハンター-この世で、俺に盗めぬものはない-」観劇記

今日も非常に暑い日でした。実際のところ、日光の照り返しよりも高い湿度のせいで

今日も上半身が汗まみれになるアリサマです。

もうあと今日を含めて6月も3日になりました。夏に入る直前でバテたりしないでキチンと

7月を迎えましょう!

さて今日は、お待たせ致しました!今月19日に有楽町は東京宝塚劇場にて観て来ました星組公演

「さくら-妖しいまでに美しいおまえ-/シークレット・ハンター-この世で、俺に盗めぬものはない-」の

観劇記をお送りしたいと思います。

もう御存知の方も多いと思いますが、とうこちゃん(安蘭けいさん)とあすかちゃん(遠野あすかちゃん)の

星組トップに就任された御両人によるお披露目公演です。

本来ならばこの公演、毎年4月はムラへ出向いて初舞台生(今年は93期生ですね)の口上とラインダンスを観るのが

新年度に入って毎年、この時期の慣わしでもあるのですが、今年に限って降って湧いたかのような繁忙状態で

観にいくような時間も持てないまま、しかも今年は3月下旬~GWアタマまでの公演日程で

結局本拠地で観られないまま終わりました。(T_T)

幸いにして長年ヅカファンであらせられる友人のツテを伝って東京公演券を手に入れて

観られただけでも有り難い限りであります。

まず舞踊詩「さくら~」ですが、今回の公演より星組トップスターとして新たに組を率いる

とうこちゃんのアナウンスから始まり、暗がりで舞台の上を組子の足音がこだまする中

拍子木の音が劇場内に響きわたると・・・ステージがライトに照らし出され、そして目の前には

煌びやかな宝塚的和空間が開け・・・豪華絢爛な和式宝塚ショーの始まりであります☆

今回この前半の舞台の演出を担当された谷(正純)先生は、過去に10年くらい前に雪組で上演された

日本モノのお芝居で「春櫻賦」という名作を手掛けられていたことがありますが、ここ数年では

タカラヅカの看板作品「ベルサイユのばら」の再上演版の演出を担当されたりしていたこともあり

日本モノはお芝居では何本か観たことがあるものの、ショー作品はこれが初めてということで

今回「お芝居と違っていったいどうなるの?」という期待のもと、ボクは観ていたのですが

とても良く出来たショー作品でした!

日本モノというと恐らく・・・民謡だの、地唄だの・・・といった今は遠き土着的日本といったイメージを

概して抱きがちになりますが、タカラヅカではそんな陳腐な発想のもとにショー作品は創られてはいません!

従来のようにバラエティさはないにせよ、ちゃんとしたメジャーコードの宝塚的音楽に彩られたる中で

日本モノが上演され続けているのです。(上記のようなショーもあるにはありますが^^)

完全な和洋折衷型ショーであり、しかも季節感溢れる上質な舞踊作品と称するに相応しい世界が展開されています。

特にオモシロかったのは、中盤の”ひな人形vs五月人形”でサクラが花を咲かせる季節の折に

納戸に仕舞われてしまうひな人形軍団(?)が武者人形を中心とした五月人形に対して

反乱を起こすという場面があるのですが、中々コミカルでかつどこか子供っぽいカンジが

妙に印象に残りました。(結果的には最後にネズミが出てきて、ひな人形軍団は蹴散らされてしまうのですが^^)。

他にも竹灯籠の緑のライトに彩られたセットの中でとうこちゃんとミエコさん(松本悠里サマ)が舞うシーンや

狂言の「花折」をオペレッタ風にアレンジした場面など、見どころも多々ある分時間が経つのも

早くカンジられたショー作品でした。

もう片方の「シークレット・ハンター~」は宝塚歌劇の中では2人目の女性演出家である

児玉(明子)先生の大劇場デビュー作となったお芝居です。

お芝居は1940年代のカリブを舞台にした、泥棒を生業としているダゴベール(とうこちゃん)が

情報屋のセルジオ(柚希礼音さん)の依頼で、数日後パーティーに来席予定である

”或る女”を盗み出して欲しいという難題に答えるべく、そのパーティーがおこなわれている

船に潜入して、見事ターゲットである”赤いドレスの女”を船から連れ出します。

しかしその女性はジェニファー(あすかちゃん)というパラス・アテナというヨーロッパの一国の王女で

王位を狙わんとするある一団が仕向けた追っ手を逃れて、カリブの小国に逃げて来ており

行く手にはダゴベールを捕まえようとするアナマリア(南海まりさん)とイグナシオ(和涼華さん)の2人や

さらにはジェニファーの命を狙う殺し屋、ジョエル(立樹遥さん)などが入り乱れてオオワラワ状態になる中で

ダゴベールとジェニファー、住む世界もシゴトも何もかも違う2人の間に芽生える愛情や

その他諸々を絡め込んで、お芝居は展開されてゆくのですが・・・。

内容はタカラヅカのみならず、これまで上演されてきたお芝居の中でもベタですが

”身分違いの2人によるつかの間の恋物語”という古典的な内容になっています。

(この手のストーリーで一番有名なのは、誰もが知ってるでしょう「ローマの休日」ですね)

このお芝居を演出された児玉先生について思うのは、このようなパターンのストーリーを

自身の大劇場デビュー作となる第1作目に持って来たというのは、長年タカラヅカを見て来たボクにとっては

どう言えば良いのか・・・複雑な思いを抱いたのも事実です。

とうこちゃん・あすかちゃんのトップ就任第1作目であることは十分に考慮しても

「そんな古典的な内容のお芝居を上演すべきか?」というのがボクの正直な感想です。

それと実はこのお芝居、時代設定の点で何となくアヤフヤな部分が多々見受けられます。

冒頭で書きましたが、もし時代が1940年代なら、恐らく世界は第二次世界大戦の真っ只中だろうし

そんな中でこの場所だけ、まるで戦争の真っ只中にある世界と切り離されたかのように

信じられないほど楽天的で、「?」という違和感を感じました。

ましてやあすかちゃん扮するジェニファーの故国であるパラス・アテナはその戦争の最中だろうし

そんな中で追っ手から逃れて逃亡してくるというのは、多少うがった見方をするなら

「故国で余程悪いことして、(反体制派か何かに)追われて来たんだろう」という風にも取れます。

であるならば、この1940年代という時代設定は無意味な気がします。

逆に今みたいに時代設定が、現代(1980年代以降)というのならば、話は別ですけれど。

あとお芝居に出てくる登場人物もみんな1940年代とは思えないくらいモダンな服装だし

ましてやダゴベールを追いかけているアナマリアみたいに女性の警部というのが当時存在したのか

疑問にさえ思います。

平たく言ってしまえばフィクションで最重要とされる時代考証が中途半端な状態で

お芝居が進んでしまっているのです。これはホントに遺憾としか言い様がありません。

ボクは時折「宝塚アカデミア」と云う単行本を読むことも多いのですが、その雑誌に寄稿されている

一部の編集者の方が「(児玉先生は)演出家としての資質・才能に欠けている」という風に

非常に手厳しい評価を下されていたのを思い出しましたが、これでは「やっぱりな・・・」と

思わざるを得ないのも事実です。(前評判もそんなに良いのがありませんでしたし)

見どころも割と多いのに(お芝居の冒頭で、とうこちゃんのアナウンスが流れている最中に

出演者の一人が電気のブレーカーを落としてしまい、途中でアナウンスがフェイドアウトしてしまい

他の出演者に怒られる、という場面は個人的にはスキなシーンの一つです)

この内容では、とうこちゃん・あすかちゃんコンビでの再出発はもう一つという気がします。

もうすぐ公演は終了しますが、もし再演するのであれば、児玉先生にお願いしたいのは

もう一度演出を練り直して、時代考証をしっかりやり直して欲しいというコトです。

この後星組は作品でこのお芝居とショー「ネオ・ダンディズム!」で全国ツアーに出ることも

決定していますから、それまでに直せる部分はテコ入れしておくべきでしょう。

それがムリなら、ストーリーの時代設定を現代に直して、ストーリーをまた一から創り直すくらいでないと

演出家はつとまらないと思います。

何か後半が批判文ばかりになってしまいましたが、皆さんももし観る機会があるならば

目を皿にして観るくらいの気構えを持ってないと、送り出されたモノをそのままに享受して

満足しているだけではファンとしては失格ですからね。

今日はここまでにしたいと思います。以上また明日お目にかかりましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

abingdon boys school NHK BS2「大阪発疾走ステージ WESTWIND」出演映像

今日も相変わらず暑い日でした。

加えて…新着情報は今日もナシでした…。(T_T)

ですので、今日もまた一つ映像ネタを挙げておきたいと思います。

西川(貴教)さん率いる新バンドabingdon boys schoolが今月6/17に

NHK大阪放送局の制作により、NHK衛星放送第2チャンネルで

全国放送されました「大阪発疾走ステージ WESTWIND」

出演された際の映像が見つかりました。コチラからご覧ください!

曲は先月5/16にリリースされた2枚目のシングル"HOWLING"の

カップリング曲"NERVOUS BREAKDOWN"です。

柴崎(浩)さんとSUNAOさんによるクランチ感の強いへヴィでボトムの

効いたギターリフと、ボイスモジュレーターをかけた西川さんの歌声と

ポップなメロディを持ったサビとの3つが絶妙なまでに融合された

クールでLIVE栄えする1曲です。

そう言えばこのa.b.sですが、今年4月から月1回ペースで放送される

この「大阪発疾走ステージ WESTWIND」に出演する割合が

何だか高いような気がするのはひょっとしてボクだけでしょうか?

やはり西川さんが関西人でベシャリが立つ上に、関西を地盤に

活躍されるお笑いタレントの方々とトークで互角に渡り合えるだけの

実力があるからだと思うのですが…ならば準レギュラー扱いに

してくれてもイイんですけれども…。(^^;;

コレほどまでにクオリティ高い曲をやってくれているのですから

否が応でも1stアルバム発売に対する期待も高まるというモンです。

ボクらが待ち焦がれる待望の1stアルバムはいつ頃発表されることに

なるのでしょうか?

恐らく年内に発売されることでしょうから、じっくりとこのLIVE映像等を

見ながら待つことにしましょう!

以上本日はこの辺で失礼致します。また明日お目にかかりましょう。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

access NHK「POP JAM」出演映像―2

今日も午前中まで雨が残っていましたが、明けて、再び晴天に恵まれましたね。

しかし外は相変わらずのジメ②ぶりで、さして陽も差してないのに、イヤなまでの湿度のヒドさで

昨日も一晩中じゅうクーラーが回りっぱなしでした。これから数ヶ月の電気代のコトを考えると

ゾッとしそうになります。(>_<)

さてここ数日割と新着情報も舞い込んで来ていたのですが、残念ながら今日は新着情報がなかったので

またひとつ映像ネタをお送りしたいと思います。

もしかしたら、今回の映像は非常に貴重ですから、要Checkですよ!

もう当Blogにて何度もアナウンスしていますが、来月4日に4年ぶりのニューアルバムとなる

『binary engine』を発売するaccessですが、何と!今から14年前にNHKで放送された

「POP JAM」への出演映像が見つかりました!コチラからどうぞご覧ください!

曲は3枚目のシングルとして大ヒットを記録し、その年の年末に歌った紅白歌合戦で披露された

"NAKED DESIRE"です。

当時2人はテレビで放送されていた音楽番組(テレビ朝日の「MUSIC STATION」など)によく出ていて

NHKでの「POP JAM」に出ていたことも割と知ってはいるのですが、さして見ていなかったこともあって

この映像を見つけたときは半分度肝を抜かれました!

いや~2人が若いのもさることながら、まだ大ちゃんが髪を染めてない頃の映像というのは

結構貴重なんじゃないでしょうか。(*^_^*)

いや、とにかくこの映像をアップしてくれた方に感謝しきりです!

過去の「POP JAM」出演記事(コチラからどうぞ)と合わせて、是非②振り返ってみて下さいませ!

約4年半ぶりに発表されるアルバム『binary~』も、もう間もなく発売間近ですので

当時の映像に酔いしれたいそこのアナタ! この映像を是非お見逃しなくご覧下さい!

それでは本日はこの辺で失礼致します。また明日お目にかかりましょう。Adieu!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

abingdon boys school Brand New PV"Nephilim"映像到着!

今日はジメ②とうっとうしい月曜日でした。今週からまた日勤に戻ったのですけれども

こうも湿気がヒドイとやる気が奪われてしまって、肌から吹き出る汗を拭うことばかり

考えてしまいそうになります。

しかし…今年の天気は一体全体どうなっているのでしょうか。全く予測がつかめずに

半ばイラ②させられてばかりで、只々ゲンナリというカンジさえします。(>_<)

6月も終わり近くになって急に訪れた、この梅雨空は一体いつ去ってくれるのでしょうか…

さてまた枕が長くなる前に、今日も新着情報が到着しましたので、更新しちゃいましょう!

昨年から西川(貴教)さんがスタートさせた新プロジェクトであるabingdon boys schoolですが

来月7/4に発売が決定している3枚目のシングル"Nephilim"のPV映像が到着しました!

どうぞコチラからご覧ください!

前に紹介した時は30秒程度しか見られませんでしたが、今回はキチンと4分半近く

ご覧になれますのでしっかりCheckされて欲しいと思います!(^O^)

そしてこのまま今週から7月初頭にかけて、まずは今週6/28に木曜夜8時から放送の

TBS系音楽バラエティ番組「うたばん」を皮切りに、来週7/3にテレビ東京で午前0時12分から放送予定の

「むちゃブリ!」と、7/6に日本テレビにて金曜深夜1時25分からスタートの「音楽戦士-MUSIC FIGHTER-」に

出演も決定していますので、西川さんファンというアナタは是非お見逃しなくどうぞ!

それでは本日はこの辺で失礼致します。あぁ~一体何でこんなに蒸し暑いのか…。

ホントにナミダが出そうなくらいにたまらないです…(T_T)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

コタニキンヤ PV"No!Virtual"映像

今日は新着情報がありませんでしたので、手短に行きたいと思います。

大ちゃんが伊藤賢一と組んだMad Soldiers(通称Mads)のプロデュースによりデビューした

(コタニ)キンヤ君が2001年に発表したシングル"NO!Virtual"のPVが見つかりました。

どうぞコチラからご覧ください。

聴いてもらえればわかると思いますが、Madsサウンド炸裂しまくりの一曲です!

実質的にはこの曲が収録されたアルバム『WHAT'S?"PHYSICAL"』を最後にMadsから離れて

吉本興業が設立したレーベルR and Cへ移籍して、活動を続けることになるのですが

エッジの効いたMadsサウンドとキンヤ君のパフォーマンスをじっくりとお楽しみ下さい。

それでは本日はこの辺で。明日が早いという方はなるべく早めにお休み下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

沢井美優ちゃん 映画「少林少女」に出演決定!

今日も暑い一日でした。洗濯物するには持って来いの日でしたが、関東地方はまた明日から

雨が降るそうなので、またジト②とイヤな日曜日になりそうです。外出の際は傘をお忘れなく。

さて今日は長いこと放置してしまっていましたが、こちらの話題をお届け致しましょう。

すでに御存知の方も多いでしょうが、沢井美優ちゃんが来年2008年(期日未定)公開になる

映画「少林少女」に出演することになりました!

2002年に日本で公開され、爆発的ヒットを飛ばした「少林サッカー」の主演・監督をつとめた

チャン・シンチーがフジテレビの映画製作陣とコラボレーションした壮大なスポーツムービーです!

ストーリーですが主人公の凛(柴咲コウ)は祖父の道場を継ぐべく、3000日にわたる修行の日々を経て

日本に帰ってみると、道場は荒廃し、弟子も離散状態というサイアクの状況に直面します。

そんな中、たった一人で少林拳を広めようとする凛は、大学のラクロス部の助っ人として入部し

活躍することになります。果たして凛は道場の再建を成し遂げられるのか・・・というのが

この映画のあらすじです。

内容は前に公開となった「少林サッカー」とほぼ一緒で、舞台が日本になることと

出演者が女子に変わるのと、扱うスポーツがサッカーからラクロスにチェンジするという

3点のみの違いで、後は基本的に同じ様ですので、また前作同様CG多用の驚異の

アクションシーンが見られることになることウケアイですね!

ちなみに美優ちゃんですが、その大学のラクロス部の部員として出演するそうです。

4月上旬にクランクインしたばかりで、ハッキリした公開期日はまだ決定していませんが

ともかく来年公開ですので、是非とも期待して待ちましょう!

そしてもう一つ話題を!来月4日にアルバム『binary engine』を発表し、その2日後に当たる

7/6には千葉県市原市市民会館より再びツアーを開始するaccessですが、大ちゃんの相方(?)である

HIROこと貴水博之さんが明日TBS系で夜11時から放送の30分間の密着ドキュメント番組

「情熱大陸」に出演されます!

この日のピックアップされるのはダンサーとして活躍される森山開次さんですが

HIROは森山さんとミュージカルコメディ「LUV」で共演しており、同お芝居の稽古ならびに

本番シーンでの共演というカタチでの出演となります。

HIROの一挙手・一側等に逐一興味をお持ちの方は明日11時からTBS系にチャンネルを

合わせてお待ちくださいませ!

以上本日の情報をお届け致しました。それではまた明日お目にかかりましょう。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

宝塚歌劇 宙組公演「バレンシアの熱い花/宙 FANTASISTA!」本日上演開始!

こちら関東地方は今日久々に雨が降りました。少しばかり気温は下がりましたが

相変わらず湿度が高いので、今現在もクーラーが回りっ放しの中で更新しております。

湿度が高いと、とにかく空気が生ぬるいので、肌がすぐにベタベタしてきてホントに

イヤになりますが。(T_T)

さて今日の話題に行きたいと思います。もう御存知の方も多いでしょうが宝塚歌劇からの話題です。

本日より宝塚大劇場にて宙組公演 ミュージカル「バレンシアの熱い花」とショー「宙 FANTASISTA!」が上演開始になりました!

宙組4人目のトップスターとして、組を背負って立つ大和悠河さん(たにちゃん)と

同じく娘役トップの陽月華さん(ようこちゃん)の大劇場お披露目公演です。

ミュージカル「バレンシアの熱い花」は19世紀のスペインを舞台にした勧善懲悪モノのお芝居で

1995年の初舞台当時より、その3枚目っぽい顔立ちと濃いキャラのハマり具合が

絶妙との声も高いたにちゃんだけに、このお芝居はたにちゃんにとっての代表作になること間違いなしでしょう!

一方のショー「宙!~」は宇宙に生を授かった王子が宇宙を旅してゆくという内容のショーで

宙組創設10周年を記念するショーでもあります。

宝塚歌劇団に新設されて10年という節目を迎えた宙組が、たにちゃん&ようこちゃんコンビを

トップに据えて、どういう方向へ向かって進んでゆくのか期待がかかりますね。

この宙組公演は今日から7/30まで本拠地・宝塚大劇場にて、そして8/17から9/30までが

有楽町の東京宝塚劇場にて上演予定となっています。

(なお東京公演のチケット一般前売りは7/15のAM10時からとなっていますので、くれぐれもお忘れなく)

ボクもこの宙組公演ですが、来月7/1にムラへ赴いて、観劇予定となっております。

またその内容を後日記事として更新することにしていますので、コチラもご期待下さいませ。

以上本日の情報をお届け致しました。それではまた明日お目にかかりましょう。

Adieu!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

abingdon boys school ニューシングル"Nephilim" 7/4リリース!&PV放映開始!

今日は日照時間は少なかったものの、湿度が高く、風も吹かないムシ②した日になりました。

こんな日がこれから続くのか・・・と思うと、半ばゲンナリさせられそうになりますが。(T_T)

さて今日の話題とまいりましょう!今日は西川(貴教)さん率いるabingdon boys schoolから

新着情報が到着です!

先月発売になったプレイステーション3専用ソフト「Forks Soul-失われた伝承-」の主題歌にもなった

3枚目のシングル"Nephilim"が公式サイトにて試聴ならびにPV放映が開始されました!

ご覧になりたいという方は上記リンクのDiscographyの項目をクリックしてもらえれば

試聴可能ですからね~。^^ (カップリング曲の"LOST REASON"も試聴可能です!)

前にリリースされた"HOWLING"から比べると、ミディアムテンポながらメリハリの効いた

(今から8年くらい前にアルバム『Issues』が大ヒットしていた頃のコーンに近いと言えばいいでしょうか)

へヴィな曲調に仕上がっています。

そして!この曲を引っさげて!というワケではないですが、7/7には千葉の幕張メッセと

京都の東寺で開催予定が決定している地球温暖化防止を名目にした世界規模のライブイヴェント

「Live Earth」の幕張メッセでのステージへの出演も決定しました!

世界9都市での開催が決定しているこのライブイヴェントですが、幕張メッセのステージには

a.b.sの他に倖田來未AICocco大塚愛といったアーティスト以外に・・・何と!海外から

リアーナやリンキン・パークといった大物アーティストも幕張メッセに登場します!

この7/7に開催予定の「Live Earth」の模様はMTVなどの音楽チャンネルやマイクロソフトネットワークなどで

放映が予定されているそうですので、詳細がわかり次第また情報を更新致しますので

もうしばらくお待ち下さいませ。m(__)m

以上本日の情報をお届けしました!それではまた明日お目にかかりましょう☆


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

access Brand New Album『binary engine』試聴開始!

今日も暑い一日でしたね~。それでもこの時期にしては珍しく、まだ湿度が低いコトで

ベタベタと不快な時期ではないだけウレシく思います。

さて今日は、昨日に引き続いてaccessからの話題をお届けしましょう!

来月の7/4に約4年半ぶりとなるニューアルバム『binary engine』が発表されますが

収録が決定している楽曲、全10曲が試聴可能になりました!コチラからどうぞ。

相変わらずクオリティ高く、密度の濃い楽曲がそろった内容になっています!

モチロン『binary~』のみならず、2002年に復活してからの楽曲一覧が全て試聴できますので

実際に『binary~』を手にする前に是非②Checkしておいて下さい!

以上本日の情報をお届けしました。それではまた明日お目にかかりましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

access 明日6/20にMusic Japan TVで放送の「ちょっと聞いてよ!生リク中」に出演!

今日は久々に有楽町にて宝塚歌劇星組公演・舞踊詩「さくら-妖しいまでに美しいおまえ-」と

ミュージカル「シークレット・ハンター-この世で、俺に盗めぬものはない-」を観て来ました。

こちらについては今日はムリですが、遅くとも6月内に記事にする予定にしておりますので

是非ご期待下さい。

さて今日も蒸し暑い一日になりましたが、そんな最中にaccessの2人が、Music Japan TVにて

明日6/20に午後5時から7時まで生放送中の「ちょっと聞いてよ!生リク中」

出演することが決まりました!

この「ちょっと~」を放送しているMusic Japan TVは主に関西を地盤にし、ケーブルTVなどで

放送されている音楽専門チャンネル(MTV JAPANとは全く関係ありませんのでご注意下さい)です。

主にアーティストの出演情報の他に、大阪はなんばHatchやBIG CATといった関西の

主要LIVEハウスで開催されたLIVEの風景などを放送しているチャンネルです。

こちらの番組ですが、スカパー他モバHO!やオン・デマンド・TVで見るコトが可能です。

ちなみにボクの自宅はJ:COMに入っているのですが…このチャンネルはもとから

入っていませんので、見るコトがが出来ません…(T_T)

当日放送をご覧になるコトができるという方は、明日午後5時~7時までテレビ前で

是非②Checkをお忘れなく!

それでは本日はこの辺で。また明日お目にかかりましょう。Auf Wiedersen!(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

T.M.Revolution 2006年LIVE@日本武道館映像―3

今日も良い天候に恵まれました。・・・しかし今日も新着情報はひとつもありませんでした。

仕方がないので、今日もまたひとつ映像ネタをあげておきます。

西川(貴教)さんが昨年8/19に日本武道館においてデビュー10周年を記念して開催された

"LIVE REVOLUTION '06-UNDER:COVER-/ARENA STYLE Ver."からのLIVE映像が

また一つ見つかりましたので、あげておきます。どうぞコチラからご覧下さい。m(__)m

曲は1998年に発表されたシングル"Thunderbird"です。

この曲はバラードということもあってか、中々これまでT.M.RevolutionのLIVEの中では

セットリストに加わるコトが殆どなかっただけに、デビュー10周年の折にこの場でプレイされるのは

極めて異例と言っていいのではないでしょうか。

曲も従来のバックによるアンサンブル体系ではなく、ピアノ1台という演奏に合わせての

歌唱シーンというのが、中々胸にこみ上げるモノがありますね。

前に記事として取り上げた"vestige-ヴェスティージ-"の映像と同じく(コチラからどうぞ)

お楽しみ下さいませ。それでは本日はこの辺にて失礼致します。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

Kimeru NHK「POP JAM」出演映像

折角の連休でしたが、残念ながら新着情報がありませんでしたので、皆さまには

また一つ映像ネタでお楽しみ頂こうと思います。m(__)m

大ちゃんのプロデュースで昨年11月にシングル"Starry Heavens"を発表したKimeru

今年1月にNHKで放送された音楽番組「POP JAM」に出演した映像が見つかりました。

どうぞコチラからご覧下さい。曲はもちろん"Starry Heavens"です!

中々良いLIVEシーンですが、映像を見る限りでは、何か声の響き具合が決して良くなく

この時ノドを痛めていたのかな?という風にも見えるのですが、どうでしょうか?

本来ならノドはシンガーにとって生命線のハズなのですが…その辺がちょっと残念です。

それさえ気にならなければ、全然良いLIVEシーンなので、見逃した方は

是非Checkしておいて欲しいと思います!

以上ちょっと短いですが本日の記事をお届け致しました。また明日朝が早いという方は

くれゞも夜更かしはホド②にして、どうぞお早めにお休み下さい。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

Iceman NHK「POP JAM」出演映像

今日も新着情報がありませんでしたので、手短に行かせていただきます。

大ちゃんが伊藤賢一・黒田倫弘と組んだカルトな音楽性で知られる3人編成ユニット

Icemanが今は終了してしまったNHKの「POP JAM」に出演された映像が見つかりました。

どうぞコチラからご覧下さい。

曲は1998年に発表された2枚目のアルバム『Digiryzm Mutation』に収録されている

"8番目の罪"です。

そう言えばIcemanってエピックソニーに在籍していた時はテレビ朝日で放送されている

「MUSIC STATION」等の番組とかにも出ていたのですが、アンティノスに移ってからは

その激ヤバカルト路線に磨きがかかったせいか、テレビ音楽番組へに全くお声がかからなかった

というコトを思い出しました。

となると今残っている、この映像がイチバン周囲に好かれていた(?)頃だったというコトでしょうか。

それももう10年くらい前になるんですね~。懐かしすぎてナミダが出そうになりますけれども。

当時の映像を振り返りたいという方は、是非どうぞご覧くださいませ。m(__)m

それでは今宵はこの辺で失礼致します。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

コタニキンヤ 2000年LIVE映像×2―vol.6

今日もまた②折角の連休前なのでありますが、やはり新着情報がありませんでしたので

手短に行かせて頂きます。

大ちゃんと伊藤賢一によるMad Soldiersのプロデュースでデビューした(コタニ)キンヤ君が

2001年に開催したLIVE映像がさらにまた!見つかりましたのでアップしておきます。

1つは2001年発表のアルバム『WHAT?"PHYSICAL"』に収録の"猛烈ファイアー~憂鬱をぶっとばせ~"と

もう1つもやはり同じく『WHAT?~』に収録されている"LOVE STUFF"です。

"猛烈~"がコチラで、"LOVE STUFF"がコチラになります。

どちらもノリがラテン調で、ダンサーを従えたステージングが中々秀逸です。

これまでデビュー作ではストレートにガツン!と来ていた従来のMadsサウンドよりも幅を持たせた

音の出来上がりという点では一皮むけたカンジが良いとボクは思うのですけれども

皆さんはどうでしょうか?

結果としてアンティノスでは2枚のアルバムと6枚のシングルを発表するにとどまりましたが

それでもその後は吉本興業傘下のR and Cレーベルから"Blaze"などのシングルを発表し続けているので

大ちゃん・伊藤賢一コンビからは離れはしたものの、今まで以上に頑張っているので

カタチとしてはひとまず成功だったのではないかと思います。

(願わくばずっとこのまま大ちゃんプロデュースでいて欲しかったんですけれども…^^)

今日は久々に1日の間隔空けて、日勤だったこともあり、ちょっとカラダがダルイので

今宵はこの辺で失礼させて頂きます。それでは皆さま、良い連休をどうぞ。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

宝塚歌劇 星組公演「Kean(キーン)」日生劇場にて上演!

今日からコチラ関東地方でも昼頃から雨が降り出し始めました。

例年に比べて、かなり遅めの梅雨入りです。これから土曜日まで洗濯物が洗えないとなると

なんか億劫になりますね。

時に夕立ちとかでとんでもないホド雨が降ると、ケーブルTVに入ってるウチは民放以外の

テレビチャンネルが映らなかったりと、ヤな時期だったりもします。(>_<)

とにかく個人的にはは空梅雨であってくれる方がありがたいのですけれども・・・。

さて、また前置きが長くなる前に、今日の話題に行きたいと思います。

今日は宝塚歌劇からの情報です。先週はオサちゃんの退団というショッキングなニュースが

飛び込んで来ましたが、新たな公演情報の到着です!

今年の9/1から9/23まで有楽町の日生劇場にて星組公演「Kean(キーン)」が上演されることになりました。

このお芝居は19世紀にシェイクスピアの名作「ハムレット」に触発されて執筆された

アレクサンドル・デュマによる戯曲をジャン・ポール・サルトルの翻案化を経て

1961年にミュージカル化、ブロードウェイで上演され、ヒットした作品の再演になります。

19世紀のシェイクスピア作品に数多く出演した役者の一人であるエドモンド・キーンの生涯を描いた作品で

舞台上の役を求める観衆とありのままの自分との間で苦悩する様を「ハムレット」の世界に

オーバーラップさせる様にして繰り広げられるお芝居ということですので、これは目が離せませんね!

ましてやタカラヅカにおいてシェイクスピア作品(というかイギリスを舞台にしたお芝居)は

宝塚バウホールなどのキャパの少ない劇場での上演が多いため、日生劇場のような

中規模での劇場での上演もさしてありませんので、これは一見の価値アリです!

コチラのお芝居ですが主役のエドモンド・キーンを元雪組トップスターで現在は専科に在籍される

轟 悠さん(トムさん)、時の英国王プリンス・オブ・ウェールズ(エドワード7世)が柚希礼音さん(れおんさん)

そしてエドワード7世の知り合いであり、デンマーク公使夫人(この設定がミソです!)である

エレナ・デ・コーベアに南海まりさん(みなみさん)、そしてキーンのファンでありこのお芝居の

キーパーソンとなる女性・アンナ・ダンビーに蒼乃夕妃さん(まりもさん)というラインナップで

上演予定となっています。(詳しい内容はコチラからご覧下さい)

タカラヅカでは8年前に宝塚バウホールなどで一連のシェイクスピアへのオマージュと題して

過去に名作を一挙舞台や時代背景を変えた作品などを上演して来たことがありますが

そんな中でも星組でイギリス舞台の芝居が上演されるというのは、極めて異例なだけに

(他の組でも大してないですけれど。^^ 多いのはどちらかというと・・・月組でしょうか?)

そして今では宝塚の大黒柱的存在になった轟さんことトムさんも出演されます。

今ではトムさんが出演される舞台もそうそうありませんし、この舞台は必見ですよ!

なお前売り券の発売は来月7/29の発売になりますので、皆さんどうかこの機会をお見逃しなくどうぞ!

(お問い合わせ先は上記のリンクに記載されていますので、そちらに各自でお問い合わせ下さいませ)

それでは本日はこの辺で。また明日お目にかかりましょう。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

木村由姫 テレビ朝日「MUSIC STATION」出演映像

今日も良い天候に恵まれましたが、明日から関東地方は

梅雨入りするとの情報が到着しました。

明日から土曜日まで雨との予報が出ていますので

どうぞ当面は傘の用意をお忘れなく。

さて今日はさすがに新着情報がありませんでしたので

一つ映像ネタをご覧頂きましょう。

大ちゃんのプロデュースにより、デビューした木村由姫

今から9年前の1998年に放送された「MUSIC STATION」へ

出演された映像が見つかりました。どうぞコチラからご覧ください!

曲は1998年に発表されたデビュー曲であり、今もなお人気の高い

"Summer Rain"です。

昨日の記事でもPickしましたけれども、大ちゃんのクラブイヴェント

「Sequence Virus 2007」で選曲されたりと、もうすぐ訪れる夏の前に

久々に聴きたくなったという方も多いのではないでしょうか?

この曲もクラブアルバム『Sequence Virus』で強力にリミックスさせて

再度収録して欲しいモノですけれども。^^

なお今回の「Mステ」の映像ですが、大ちゃんもバックにキーボードで

参加していますので過去にご覧になられていないという方や

見逃された方は、是非この機会にご覧になっておいて下さい。(^O^)

以上ちょっと短いですが今日はココまで。また明日も当Blogを

宜しくお願い致します。(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

浅倉大介 クラブイヴェント「Sequence Virus 2007」@芝浦・ARK セットリスト

日曜日の雨の後、非常に過ごしやすい天候に恵まれていますが

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて!今日は先週6/9に東京・芝浦のStudio Cube326内にあります

LIVEハウス・ARKで開催されました、大ちゃんのクラブイヴェント

「Sequence Virus 2007」のセットリストならびに当日の内容を

ザッと挙げてみたいと思います!

この日は大阪から来られた友人2名と共に、新橋からゆりかもめに乗って

芝浦埠頭駅で降り、そのままJR田町駅方面へ歩くこと15分ホドして到着。

そこから前売りのチケットに記載されている、整理番号順で待つこと

20分余りして、中に入ったのですが…基本的にLIVEハウスという場所は

結構中が散らかっていたり、汚かったりするモノなのですけれども

このLIVEハウスが入る建物は築年数が間違いなく20年以上しているようで

場所全体が恐ろしく雑然としており、2基あるエレベーターも昇降時間が

エラく遅かったり、トイレのある階がわからなかったりと施設上不備なトコが

目につくトコロも多々あって、正直ちょっとゲンナリしました…(>_<)

この先同地に行かれる方は十分注意して下さい。

そして!午後4時の到来と共に大ちゃん登場!この日の前日に

TM(NETWORK)トリビュートツアーが、NHKホールでファイナルを迎え

さらに来月7/4にはaccessとして、実に4年半ぶりになる通算7枚目の

アルバム『binary engine』の発売、更には7/6にはaccessでツアー再開!という中で

2007年前半の活動を締めくくる意味での、前半最後のクラブイヴェントという

アナウンスの後、早速YAMAHAのDX-200やRolandのV-Synthの他に

さらにドイツのレックリングハウゼンに本社を置く、ACCESS最強アナログシンセの

Virus Indigo(!)など…DJやってるヒトやシンセサイザー使って音楽を

創作しているヒトたちにしてみれば、仰天しそうな機材が辺り一面にならぶ中で

間髪置かずにデジタル音がフロア内に響き渡りました!

トップは虹シリーズの藍色のアルバム『Indigo Algorithm』に収録されている

"Division By Zero error"でスタートし、その後、サラ・ブライトマンのカヴァーによる

プロコル・ハルムが1967年に放った大ヒット曲"A Whiter Shade of Pale"

(邦題「青い影」)を大胆にトランスアレンジ!元々この曲はJ.S.バッハ

(そう言えば大ちゃんが飼っている新しい犬の名前はジョアン君でしたっけ^^)の

カンタータ140番「目覚めよと呼ぶ声あり」を、モチーフに使った曲であり

過去には色々なアーティストがカヴァーしていたりする名曲でもあります。

(タカラヅカでも後半のショーなどで割とよく使われたりしてますしね。^^)

ですが…その後にフロアに流れた曲は申し訳ないのですが

殆どわからないモノばかりで、何がプレイされたかわからないまま

フロアで我を忘れたまま最初の40分が過ぎてしまいました…(^^;;

(2000年にそこら中のFMでオンエアされ、トランスブームの火付け役にもなった

システムFの名チューン、"Out Of The Blue"がプレイされたりしたコトは

覚えているのですが…)

その後フェラーリのジャンパーを羽織ったDJ DKO(ドラマーで大ちゃんの

サポートをつとめたこともある大光ワタルさん)や、今年の元旦に開催された

渋谷・club asiaのクラブイヴェントにも参加されていたDJ URAKENのプレイで

大いにフロアが沸いた後、再び大ちゃん登場!今度は守尾さんや大光さんと

共にリズムマシンを操作しながら、大ちゃんがそれに合わせるカタチで

フレーズを繰り出すというカンジで言うならばジャズミュージシャンによる

ジャムセッションに近いようなカンジのタイムがおよそ40ないし50分くらい続き

その後には同じく1/1のクラブイヴェントにも参加されたDJ SILVERの

DJタイムへ。ただこの時サンプリング用の音となる曲を流すために使う

CDデッキが途中2度ほど止まったりとアクシデントに見舞われましたが

冷めないフロアのノリを持続しながら、午後8時半ごろ三度大ちゃん登場!

この時ボクはステージ脇の階段にいたのですが、なんと!降りて来る

大ちゃんと運良くタッチできました!o(^O^)o

神の手を持つ方とタッチを交わすというスゴすぎる偶然!

コレもクラブイヴェントならではの醍醐味というヤツでしょうか!(*^_^*)

いよ②このラウンドでオーラスになるので、フロアに戻ったボクはしっかりと

ブースを見つめる中、2度目の大ちゃんが初っ端にチョイスしたのは

accessの"DRASTIC MERMAID"でした!

コレでまずフロアが大きく沸き立つと、続いてもって来たのは

また②意表を突いて、オナペッツの"恋泥棒スマイリー"(!)なんていう

オナペッツを殆ど知らないボクにとっては、この後に外に出て、セットリストを

友人と照らし合わせて知りましたが、いや時折コチラが想像しないような

ナンバーをチョイスしてくるあたり、大ちゃんのチョイスするセンスには

ビビらされます!(^_^)y

続いてソロアルバム『ELECTROMANCER』収録の"BEAT OF DREAM"から

次に来たのは、これは次のアルバム『binary engine』に収録される曲でしょうか?

全く聴いたことのないナンバーが来ました。(歌声がヒロだったのですぐに

accessの曲であるコトは確信しましたが、ただそう言いつつもフロアは

全く冷めることなく周囲を見渡せば硬質なリズムにノッて応える客ばかりで

やはりファンってのはスゴイよなと改めて考えさせられたりもしましたが。(^^;;

続いて虹シリーズの黄色のアルバム『Yellow Vector』に収録されている

"Le Petit Prince -le renard dore ver.-"に続いて、『Sequence Virus 2006』

収録されている"over Quantum Mechanics Rainbow 2006"へ。

ミディアムテンポながらメリハリの効いたデジタル音がフロア内を包みこむ中

次に来たのは、このクラブイべでは欠かせないナンバーの一つに

なった感もありますが、ケルティック・ウーマン"You Raise Me Up"

トランスverでフロアに手拍子が鳴り響くと、お次は待ってました!とばかりに

同じく黄色のアルバム『Yellow Vector』収録の"Venus Vector"で

フロアが一斉に沸き立ちました!(^O^)

さらに続いて来たのは…これも意外でしたが、木村由姫の2枚目のアルバム

『sol sofege』に収録されている"I feel you-Early Summer Feeling-"へと続き

そしてコレもボクにとっては初めてでしたが、同じく大ちゃんのプロデュースで

デビューした雛形あきこが1996年に発表した1stアルバム『ヒナ・コレ』に

収録されている"Ocean View-海に降る雨-"、さらにはPool Bit Boysの

デビューアルバム『PB2』に収録されていた"Off Shore"とややペースを

落としてスローテンポの曲が3曲連続で来ました。

もうじき来る夏が訪れる前のプレリュード(?)といった感もあったせいか

ややスローめいた3曲の夏メドレー(?)は中々ココチ良く聴こえました。^^

少しペースを落とした後に、続いてきたのは『Sequence Virus 2006』に

収録されたverの"BLUE SKY BLUE"から、Icemanの"Eyes Bright"へ!

そしてaccess"Hung Me For The Distance-絆された愛の果てに-"に続いては

15周年を記念する曲となったaccess"Stay"へ!

実はこの時プレイされたverはオリジナルとは歌詞がまた別のモノになっていて

恐らく数曲レコーディングされたモノの中と違って別テイクと思しきモノが

チョイスされました!(^_^)y

こーいうのも滅多にないからやはりオモシロイですよね!o(^O^)o

そしてここからは7曲は大ちゃんのチョイスが光りまくる真骨頂!

まずはTOKYO DISNEY LAND ELECTRICAL PARADEと

昨年大阪・よみうりテレビの主催で夏に開催された一大イヴェント

”わくわく宝島2006”のテーマソングにもなった、マジーとレギュラーの

"愛キラキラ"を大胆にドッキングさせ、さらに途中の間奏に

ELECTRICAL PARADEのメロディを加えるという手の込み具合!

これぞ大ちゃんワールドの極致!とでも言いたくなるような

スゴさを見せつけると、続いてはこの曲もクラブイヴェントでは恒例ですが

木村由姫の代表曲、"LOVE&JOY"へとなだれ込んでいきます!(^O^)

ハッピー度100%の曲に理由なんて必要ありません!

途中の「Foh!」ボイスに合わせて、フロア一丸となってジャンプで

応酬する様こそクラブイヴェントに相応しい場面に他ならないのです!

続いて虹シリーズの青のアルバム『Blue Resolution』に収録されている

"'Deep Blue' Resolution"に続き、またしても黄色のアルバム『Yellow~』から

"Puppet Master"!と立て続けにジャンプしまくりの2曲に続いて

ややスローテンポに戻り、間もなく来る夏にちなみ、木村由姫のデビュー曲

"Summer Rain"でしっとりさせた後に、アンコールにaccessの最新ナンバー

"瞳ノ翼"に続き、シメに虹シリーズ。藍色のアルバム『Indigo Algorithm』に収録の

"Indigo Cave"でオーラスとなり、大ちゃんとサポメン2名の他にDJ2名を

加えた計6時間もの狂宴はココにお開きとなりました。

(マジデツカレタデス…orz...)

この日最後のMCで大ちゃんが昨日のTMトリビュートツアーが終了したので

その日急遽飛び入りしたヒロも一緒に打ち上げ会場に向かい

TM一の酒豪で知られるウツのそばで酒をガンガン飲まされて

ようやく大ちゃんが帰る頃になって、その場を後にした話や

(ちなみに大ちゃん、その日の打ち上げ終了後となる午前4時頃に自宅へ戻り

その後一眠りして朝8時には起きて、通常通り楽曲制作に臨んでいたそうですから

スゴイモンです)

この後来月6日よりスタートする”access TOUR 2007-binary engine-”の話など

その他諸々の話の後午後10時半頃ようやく、長かった6時間に及ぶ

クラブイヴェントが幕を閉じ、ボクはこの日知り合った友人2人(+その友人1人)と

共にJR田町駅からそのまま山手線に乗って、JR渋谷駅で降りて

そのまま徒歩で小田急線の代々木八幡駅から町田駅まで出て

そこから帰途に着きました。

追記になりますが、この日フシギだったのは、モデルさん(もしくは女優さん?)と

思しき女性が、多少御年を召された事務所の方(だと思われます)と共に

クラブイヴェント会場に来ていたのですが、フロアの飛んだり跳ねたりとかせず

ただゞ直立不動でずっと立ったままでイヴェントを見ていた方がいたのですが

このヒトがすごく気になりました。一体誰だったんでしょうね?

(因みにセーラームーンに出てくる火野レイちゃんのようなかなり髪の長い方でした。

加えてあの身長と容貌から察するに恐らく女性誌のモデルの方だと思うのですが

もしご存知の方がいらしたら、コチラまで情報よろしくお願い致します)

これで2007年前半を総括する意味でクラブイヴェントは終了しましたが

また年内にどこかでクラブイヴェントがあってくれることを祈りたいです。(*^_^*)

以上長い②本日の記事をお届け致しました!今回のレポ記事に最後まで

お付き合い頂きありがとうございます。また明日お目にかかりましょう!See Ya!(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

西川貴教 アニマックス開局9周年記念番組「歌って歌って24時間!みんなのアニソンベスト500」に出演!

今日は西川(貴教)さんから、またまた新しい情報が到着しました!

なんと!西川さんがケーブルTVのアニメ専門チャンネルのアニマックスで放送予定の

特別番組「歌って歌って24時間!みんなのアニソンベスト500」に出演することになりました!

タイトルを見れば、恐らく皆さんもだいたいの内容は察しがつくとは思いますけれども

民放のスペシャル番組でやってるような内容の番組を、民放ではなくアニメ専門チャンネルでやるだけのことなのですが

ただアニメ専門局での放映なので、内容は濃くなること間違いなしだと思います。

局が局だけに恐らくTBS系列局の土6枠で放映されているアニメなどが多くなるであろうことは否めないでしょうが

(もっとも西川さんもその恩恵に預かった内の一人ですしね)西川さんが長時間にわたって

登場される番組ですので、ファンのアナタは是非Checkしておいて下さい!

放送予定はまだ2ヵ月先になりますが、8/25の午後6時から8/26の午後6時まで(!)の

24時間ノンストップ放送になります!

こちらの番組ですが、8/1にお台場にあるZepp Tokyoでの公開収録となりますので

観覧募集の予定も出ているそうですから、後日情報が到着し次第、また更新しますので

しばらくお待ち下さいませ。

以上本日の情報をお届けしました。それではまた明日お目にかかりましょう。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

access ニューシングル"瞳ノ翼"7/18にリリース!ならびにアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」STAGE24&25の主題歌に起用決定!

どうもMC-K3です。今日は外は生憎の雨模様ですっきりしませんね~。

ところでボクは、昨日芝浦で開催された大ちゃん(今回はその他に別のDJも2人参加)の

クラブイヴェント「Sequence Virus 2007」に行ってきました!

もうフロアで6時間ぶっ通しで狂乱に身を任せたデジタルサウンドの轟音を浴びまくってきて

見事なまでにカラダが悲鳴をあげております。(T_T)

こちらの方についてはこの日のセットリストを今週中に記事にする予定にしていますので

もうしばらくお待ち下さいませ。

さて今日の話題はついに来月4日にニューアルバム『binary engine』を発表し、6日からは

ツアー”access TOUR 2007 -binary engine-”をスタートさせるaccessからの情報です!

アルバム『binary~』に収録されているナンバーのうち、急遽"瞳ノ翼"が来月18日に

シングルとしてリリースされることになりました。

こちらはTBS系で木曜深夜に放送されていたアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」

特別編として放送が予定されている、STAGE24&25の主題歌への起用も決定しています。

ボクも昨日のクラブイヴェントで"瞳ノ翼"聴きましたけど、従来のaccessらしさに加えて

シャープさに磨きがかかったとも言える楽曲はやはり素晴らしいです。

願わくば久々にシングルヒットして、「MUSIC STATION」などの音楽番組に出演してくれれば

ウレシイのですが、果たしてどうなるでしょうか。

とにかくまずは来月4日に発表されるアルバム『binary engine』を是非とも買いましょう!

なおこちらは初回特典として7/13までに同封のハガキを送るとアナタのお持ちのケータイで

3ショット!という15周年特別企画もおこなっております!(詳しくはコチラをどうぞ)

これを機会に、皆さん全員でaccess!しちゃいましょう!

それでは今日はこの辺で失礼致します。また明日お目にかかりましょう。m(__)m

(イタタ・・・まだカラダ痛いって・・・>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

abingdon boys school 横浜・みなとみらいにて9/8開催の『BUCK-TICK FEST 2007-ON PARADE-』に出演決定!

今日ボクは只今、芝浦にありますライブハウス、ARKにて大ちゃんによるクラブイヴェント

「Sequence Virus 2007」に参加している真っ最中ですので、本日は時限更新です。

さて連休中ですが、今日もこの時期の中、続々と新着情報が到着していますけれども

日を置きつつ、一つずつ更新して行きたいと思いますので、ご了承下さいませ。

連休初日の今日は、まず西川(貴教)さん率いるabingdon boys schoolからの話題です!

先日当Blogでも取り上げましたけれども、全国Zepp対バンツアーが決定したa.b.sですが

今度は何と!9/8に横浜・みなとみらい新港埠頭特設野外ステージにて開催予定の

野外フェスティバル『BUCK-TICK FEST 2007-ON PARADE-』への出演も決まりました!

この野外フェスは今年デビュー20周年を迎える日本のヴィジュアル系ロックバンドの元祖との異名を取る

BUCK-TICKが去年発表したトリビュートアルバム『PARADE-Respective Track Of BUCK-TICK』の発表を機に

その作品に参加したアーティストを一同に会して開催されるという非常に豪勢な内容に

なっています。

主催によるLIVEで出演アーティストもBUCK-TICKやa.b.s以外に清春J土屋昌巳(元 一風堂のアノ方です!)

'80年代から活動を開始し、現在に至る方々もいれば一方でKEN ISHII(!)といった

ヨーロッパのTechnoシーンで今なおカリスマ的人気を持つDJが出演したりと出演アーティストの幅も

非常に多岐にわたっています。

西川さんもT.M.Revolutionで活動する以前にLuis-Maryというヴィジュアル系バンドで活動していた

時代にLUNA SEAといった今のJ-ROCKシーンに名を残して来たバンド及びアーティストとの

関わりも大きかったことから、前述のトリビュートアルバムへの参加ならびにLIVEへの参加と

相成ったこともある一方で、その他にトリビュートアルバムに参加した新手のアーティストなども

数多くいますから、決して80年代を懐かしむ懐古主義的内容ではなく、新たな時代に向けての

野外フェスというべき側面が強く現れた内容になっています。

こういった強者揃いの中で西川さん率いるa.b.sがどれだけの存在感を見せ付けるのでしょうか!

その内容は間違いなく凄いモノになり得ることでしょう!

このLIVEは来週6/16よりチケットが一般発売開始になります。(詳しい情報はコチラをどうぞ)

開催日が9/8と炎天下の野外から離れる分、参加するにも幾分ラクとも思われますので

a.b.sのみならず、他のアーティストのナマのステージにも興味がある!という方は

是非とも来週のチケット発売をお忘れなく!以上本日の情報をお届けしました!

それではまた明日!失礼致します。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

コタニキンヤ 2000年LIVE映像×2―vol.5

このところ割と新着情報に恵まれていたせいか、更新も比較的ラクだったのですが

今日はさすがに新着情報がありませんでしたので、また映像ネタをアップしておきます。

大ちゃんと伊藤賢一によるMad Soldiersのプロデュースでデビューした(コタニ)キンヤ君が

2001年に開催したLIVE映像がさらにまた見つかりましたのでアップしておきます。

1つが2000年に発表された1枚目のアルバム『HISTORY P-20』に収録されている

"高熱BLOOD"と、もう一つがやはり同じく『HISTORY~』に収録の"アブラカダブラ"です。

"高熱BLOOD"がコチラで、"アブラカダブラ"がコチラになります。

キンヤ君フリークならびにMadsのカッ飛んだ音がスキだったという方にはオススメの映像ですので

じっくりご覧くださいませ。

なおボクは明日ですが、芝浦にあるライブハウス、ARKにて開催されるクラブイヴェント

「Sequence Virus 2007」に行ってきますので、明後日か来週いずれかはそちらの内容ならびに

セットリストをメインに記事をつくる予定にしていますので、どうぞ御期待下さいませ。

それでは本日はこの辺で。明日から天候が下り坂という情報が出ていますので

お出掛けの際はどうぞ雨具をお忘れなく。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

沢井美優ちゃん テレビ朝日で来月7/24に放送の「素浪人 月影兵庫」に出演!

どうも皆さま。非常に良い天候が続いていますが、いかがでしょうか?

もしかすると今年の梅雨はまた久々に空梅雨になるかもしれないと思えるくらいに

気温も高すぎず、湿度も普段より高くなく、非常に過ごしやすい日々が続いているので

このまま空梅雨で過ぎてくれた方が有り難いのですけれども。^^

さて今日は昨日更新しようとしたトコに、オサちゃんの退団情報が飛び込んで来たので

本来なら昨日更新するべきだった情報を更新したいと思います。

このところすっかりゴブサタ状態になっていましたが、沢井美優ちゃんが来月からテレビ朝日系にて

放送開始になる時代劇「素浪人 月影兵庫」にメインゲストで出演されます!

美優ちゃんも一昨年からミュージカル「眠れる森の美女」で全国を回ったりしていますが

今回はその合間を縫っての出演になりますけれども…ただやはり今のマネージメントでは

どうもチカラ不足というモノを感じずにはいられません。

実写版セーラームーン終了以降、テレビへの多数出演があったかというと、決して多いとは言えなかったし

またテレビ番組への出演も東映制作のモノが殆どであることを考えると、まだまだ美優ちゃんを

取り巻く環境は厳しいと言わざるを得ないのが現実なのかなぁ…と言いたくなります。

本来ならこういうような番組に出るよりも、テレビのレポーターとかもう少し別のジャンルの

番組を持ってきてもイイ様に思うのですが…やはり今のマネージメントでは「やむを得ない」状況なのでしょうか。

…何やらマネージメントに対する不肖な小言も出てしまいましたが…ともかく美優ちゃんにとって

久々のテレビ出演となります来月7/24は見逃すことなく、ゼヒCheckの方をお忘れなく!

そして来月7/26よりスタートするミュージカル「眠れる森の美女」へも是非観に行きましょう!

それでは今日はこの辺で。また明日も当Blogにお立ち寄り下さいませ。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月 6日 (水)

宝塚歌劇 花組トップスター 春野寿美礼 次回公演「アデュー・マルセイユ-マルセイユへ愛を込めて/ラブ・シンフォニー」を最後に退団を発表!

今日は更新したい話題があったのですが…直前になって宝塚歌劇から新たに情報が

飛び込んできましたので、そちらの方を優先してアップしたいと思います。

2002年より現在まで花組トップスターとして活躍されてきた春野寿美礼さん(オサちゃん)が

次回の大劇場上演作となるミュージカル「アデュー・マルセイユ-マルセイユへ愛を込めて-」と

グランド・レビュー「ラブ・シンフォニー」をもって退団されることが正式に発表されました。

詳しい情報はコチラからご覧ください。m(__)m

すでに一部のサイトなどでは、今度の公演で「もしかしたら退団かも…」という情報を

ボクもキャッチしていたのですが、やはりそれが現実になってしまったというのは…

残念としか返す言葉がありません。(T_T)

もっともオサちゃんもトップ在任年月も、ゆうに5年という長期間に至るワケですから

これ以上在籍されると、いずれはファンの間から「いつまで在籍するつもりなの?」という

声もあがるかも知れないだけに、丁度限度一杯というトコロで今回の退団に相成ったと思います。

花組もその前の前にトップスターに就かれていた愛華みれさん(タモさん)在籍時の頃が

一番苦しかった時期だけに、その後一公演のみトップではありましたが匠ひびきさん(チャーリーさん)を経て

オサちゃんのトップ就任後は、円熟味あるロマンス路線に立ち返り、好調を持続していたので

この次のトップの座に就くであろう真飛聖さん(ゆうこさん)でその路線が持続されるのか

或いはまたガラッと変わるのか、こちらも見守ってゆかねばなりません。

退団公演の日程ですが9/21から10/29が宝塚大劇場にて(チケット発売は8/18です)

そして続く11/16から12/24までが東京宝塚劇場(チケット発売は10/14です)の公演予定となっています。

例によって退団公演ですので、チケット争奪戦(特に東京公演)になり得る可能性が

十分に考えられます故、前売り券はなるべくお早めにお買い求め下さい。

なお明日ホテル阪急インターナショナルにてオサちゃんの退団記者会見が開催されます。

その模様がCS放送「タカラヅカ・スカイステージ」で放映される予定もあるそうですので

ご加入の方はお見逃しなくどうぞ。

以上本日の情報をお届けしました。また明日も当Blogにお立ち寄り下さいませ。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

藤井隆 PV"アイモカワラズ"映像

今日も新着情報がありませんでしたので、手短にひとつ映像ネタをあげておきます。

大ちゃんが2000年にコンポーズ・プロデュースを手掛けた藤井隆の"アイモカワラズ"の

PV映像が見つかりました。どうぞコチラからご覧ください。

(過去に当Blogで取り上げた"ナンダカンダ"の記事はコチラからご覧になれます^^)

この曲はデビュー曲にして大ヒットを記録した"ナンダカンダ"に続いて発表されましたが

2曲目のジンクスというのに当たってしまい、ヒットせずに終わってしまった曲でもあります…(>_<)

それでも大ちゃんの書いた、PSB(ペットショップ・ボーイズ)を思わせるようなBPMの早く

ストップモーションを効果的に使用した、振り付けを見てるとあんなにテンポの速い

メロディの中で、よくあれだけの振り付けが出来るな…と久々にこのPVを見て

歓心したりもしますけれども。^^

大ちゃんらしいダンサブルなユーロテイスト溢れるメロディはこの曲でも健在ですから

当時を振り返りたいという方は4分弱の映像をどうぞお楽しみ頂ければと思います。

以上ちょっと短いですが、本日の記事をお届け致しました。また明日お目にかかりましょう。

Au Revoir!(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

abingdon boys school 狂乱と戦慄のZeppツアー 7/13よりスタート!

連休明けの今日は非常に良い天候に恵まれました。

ボクも今朝、八王子に用事があってJR横浜線に乗って町田まで出てきたのですが

見事にシャツが汗でグショ②になりました。

今日がシゴトでなければ、ビールか酎ハイでも飲みたいトコなのですが、もうじきシゴトなので

時間オーバーにならないうちに、本日の話題へ行きたいと思います。

今日は西川(貴教)さん率いるabingdon boys schoolから新着情報が到着しました!

これまでテレビ番組出演や単発でのLIVE出演しかなかったabingdon boys schoolですが

ここに来てようやく!待望の1stツアーが決定しました!

ツアー名は”MATCH UP'07 SUMMER SERIES”で7/13の大阪・南港にあるZepp Osakaを皮切りに

7/14は名古屋・Zepp Nagoya、7/16は福岡のZepp Fukuoka、7/20が宮城のZepp Sendai

7/22が北海道のZepp Sapporo、そして!7/29・7/30が東京・お台場のZepp Tokyoでの

予定となっています。

今回のLIVEは一つのライブハウスにa.b.sとその他に別のバンドが参加してライブを進行する

俗に言う”対バン方式”での開催となり、a.b.sの他に同じソニーミュージック内の

レーベルメイトであるHIGH and MIGHTY COLORUVERworld、そして他のレーベルからは

UNDER GRAPHjealkb.(!)といった錚々たる面々が参加します。

まるで80年代後期に起こったバンドブームの流れそのままに・・・といったカンジがしますが

西川さんにしてみれば、その当時から前身にあたるLuis-Mary(ルイ・マリー)にいた頃から

活動されているワケで、その頃の流れへもう一度立ち返って・・・という部分も強いのではないでしょうか。

ましてや西川さんはLuis-Maryで活動が頓挫し、不本意なカタチで解散と相成っていることもあるので

もう一度振り返る意味での対バンツアーという風にとらえてもらえば十分合点がいくと思います。

2007年最中に突如a.b.sによって起こされたこの対バンツアー、果たして今の音楽シーンに

一体何をもたらしてくれるのでしょうか?!今から興味と期待がかかりますね!

なお詳細ですがコチラにも記載されてありますので、チケットのお求めはそのページにある

各プレイガイドへお問い合わせ下さいませ。それでは本日はこの辺で失礼致します。m(__)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

西川貴教 朝日放送「ブルブルアンタッチャブル」出演映像

6月最初の連休ですが、昨日の銀座イヴェントに出たのも手伝って、疲れがどっと出てしまってか

すみませんが、今日は手短に映像ネタをあげておきます。m(__)m

西川(貴教)さんが関西ローカルで金曜深夜にABCで放送中の「ブルブルアンタッチャブル」に

出演された際の映像が見つかりましたので、他地区にお住まいで見ていない!という方は

是非ともご覧くださいませ。なおこの映像は3本立てになっていますので、3ヶ所にリンクを貼っておきます。

1本目がコチラ、2本目がコチラ、3本目がコチラになっています。

すいませんが内容は先に書くとネタバレになってしまうので、皆さん各自でご確認の上

Checkのほう、宜しくお願い致します。

ちょっと短いですが、今日はココまでにします。なお記載がカタチだけになっている2日分の記事は

今日・明日の間に更新しますので、大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんけれども

もうしばらくお待ち下さいませ。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

小松彩夏ちゃん 写真集「Cheeeeeez♡」発売イヴェント@銀座・福家書店 参加記

どうも皆さま。こんな夜分遅くににすいません。

つい先程までフジテレビで放送されていた「人志松本のすべらない話~ザ・ゴールデン」を

見ていたもので。^^

(ちなみに現在テレビ朝日で「SmaSTATION !!」を見ながら記事書いてるんですけども。^^)

しかし松本人志は今日から公開になった初監督作品となる映画「大日本人」は現時点で

驚異的な興行成績を記録しているみたいで、本当ならば「今日見ようかな・・・」とも思っていたのですが

「・・・客が集中してるんだろうなぁ」というのもあって、今日は流石に諦めましたけれども。

さて!今日は銀座で開催された小松彩夏ちゃんの最新写真集「Cheeeeeez♡」発売イヴェントに

行ってきました!

この日町田を午後12時に出発し、午後1時に銀座に到着。書店前はかなりの人が集まっており

改めて彩夏ちゃんの人気のスゴさを知りました。

すでにその時点で毎回この場でお世話になっている、ぽんたさんなどのお知り合いの方々は

列にならばれていたようで、コチラは出て来られるまで30分余り時間を待たねばなりませんでしたが。^^

その場で待つこと20分弱、ようやく自分の整理券番号に該当する時間となり、さらに待つこと7~8分弱

別室の奥の方に!いました!彩夏ちゃんです!

ボクはこの日のために仕込んだモノマネをしたのですが(何をしたかはご想像におまかせします)

彩夏ちゃんは近頃全くテレビを見ていなかったらしく「誰ですか、それ?」という余りに虚しすぎる反応に

(いわゆる”スベった”というヤツですね。-_-)只々惨敗・・・というカンジでその場を後にしました。

その後は普段と変わらず、ぽんたさんやHIRO。さんや花柄さんやレトルトさんetcの方々と

いつもの面々で道路前で話し込み、7月に渋谷で開催予定の彩夏ちゃんのバースデーの詳細やら

その他諸々のコトなど話しが飛び交い、午後4時頃に裏手で彩夏ちゃんを見送ると

ボクは予定があったので、日比谷から千代田線に乗り、そのまま町田まで戻りました。

今回のイヴェントでは3年前にテレビで実写版セーラームーン放映中によく名前を見かけた方々とも

(カシオペアさん!)知り合うことが出来たので、実りのあるイヴェントになったと思います。

これで次回の彩夏ちゃんのバースデーイヴェントに抽選で当選すれば言うコトなし!なのですが

果たしてどうなるでしょうか?

ともかくその日旧知の皆さんならびに初めて知り合えた方々含め、その日銀座に駆けつけた

皆さま、どうもお疲れサマでした。m(__)m

次回は7月に渋谷でお会いしましょう!(・・・ってまだ参加決定してないってば・・・^^)

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年6月 1日 (金)

access デビュー15周年記念映像By Oricon Style 第2弾&Brand New Album『binary engine』ジャケット画像&収録曲リスト到着!

月が改まって、今日から6月です。翌週から衣更えに入るので、この時節が過ぎると

梅雨を経て、そして!夏の到来!となるワケですが、まだまだ夏まで道のりは長いですので

気を抜かずに頑張っていきましょう!

さて!6月最初の記事を飾るのは、来月4日に前作『Rippin GHOST』以来4年4ヵ月ぶりに

ニューアルバム『binary engine』を発表するaccessです!

今年デビュー15周年を迎えるにあたってオリコンスタイルが独自に特集を組んでいるのですが

その15周年記念映像第2弾が到着しました!コチラからどうぞご覧ください。

詳しい内容はココで説明すると皆さんの興味を削ぐコトになりますので、どうぞ皆さんで

ご確認下さいませ。

そして!来月4日に発売予定の『binary~』のジャケットも到着しています!

こちらは初回限定盤と通常盤の2種類共にジャケットが別々になっていますので

どちらも欲しい!という方はまず先に初回限定盤を手に入れ、その後で通常盤を買うようにしましょう!

初回限定盤は特典としてDVDがついてきますので、恐らくこのアルバムに収録された曲の

1ないし2曲がPV映像になっていると思われますから、こちらもお見逃しなくどうぞ!

(コチラのサイトではすでに『binary~』収録曲リストがアップされていますので、どういった内容か

知りたい方は上記のリンクでCheckして下さい!)

それでは6月最初の情報はココまでになります。なお明日は銀座の福家書店で開催される

小松彩夏ちゃんの写真集発売イヴェントに行ってきます。

そちらの情報についての記事を更新するつもりでいますので、どうぞ宜しくお待ち下さいませ。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »