« access デビュー15周年記念特別映像By Oricon Style 第1弾到着! | トップページ | T.M.Revolution 1998年LIVE@東京・アミューTACHIKAWA映像 »

2007年2月12日 (月)

木内晶子ちゃん 「恋話-ハナの恋物語-」視聴記

とうとう3連休も今日で最後になりました。明日からお仕事という

皆さまはブルー・マンデーならぬブルー・チューズデー状態に

おちいらない様にお気をつけを。

さて今日は先週1週間、2/5から2/9迄テレビ朝日にて放送された

木内晶子ちゃんが出演したドラマ「恋話-ハナの恋物語-」

1週間見た感想について書いてみたいと思います。

今回このドラマは公式HPを見て貰えればわかると思うのですが

5つの企業のバナー(サントリーソフトバンクABCマート

マックスファクター明治製菓の5社)があることでもわかる通り

上記5社の協賛によるその企業の製品に則した宣伝を兼ねた

パターンのドラマで、今ではよくあるドラマのタイプですが

内容は晶子ちゃん演じる恋にオクテなハナがルームメイトの

ミカコ(木南晴夏ちゃん)と共に隣に移って来たNY帰りの商社マン

ナオト(小西遼生さん)にアタックしようと懸命になるのですが

どうしてもハナは自分の思いを伝えることを思いとどまってしまい

またその片方でナオトがそんなハナに気づかず勘違いを

繰り返してゆく間に4日が過ぎ、最終日ともなる金曜日、ハナは

バレンタインチョコをつくって思いを告白すべく、夜中出歩いていた

ところをナオトに遭遇し、それまでの4日間の間にあった出来事

(ナオトが書類を忘れ、ハナがナオトの勤務先まで書類を届けたコト

ミカコがジョギング用のシューズを買い、ナオトとジョギングする

約束をしたにも関わらずミカコが当日風邪を引いて寝込んでしまい

その約束をハナにゆずったコト…etc)が駆け巡ってゆくと共に

雨の中2人はナオトが着ていたコートを雨避けにして、橋の上を

駆けて行きながら1週間のドラマに幕を下ろす…という展開の

モノでしたが、まぁミエミエの展開とは言え、よく出来ていたドラマでした。

個人的に言うならルームメイトのミカコ役の木南晴夏ちゃんが

大阪出身というコトもあったのですが、だったらハナの設定も

関西出身(設定上は秋田出身)で良かったのでは?

(木内晶子ちゃんは6年ほど前になりますが関西ローカルで

「シンマイ。」というドラマに出演していたコトがあります。元々は

香川県出身なので大阪弁を使う役も良かったりするのですが^^)

とも思いましたが。

去年同じくテレビ朝日で放送されたドラマ「アンナさんのおまめ」

では1話のみでしたが、信じられないくらいダッサダサ(!)の格好で

かつ思い込みの激しいキャラの役を演じたりと様々なキャラを

演じられるようになってきている点では、貴重かも知れません。

ココ数年の間「女医・優~青空クリニック」や「美しい罠」といった

昼ドラをメーンとした時間帯に活躍の場が移ってはいますが

このまま順調に活躍し続けて欲しいと思います。

なお木内晶子ちゃんは2/26にフジテレビで放送される同じく

所属事務所のイザワオフィスの後輩にあたる小泉孝太郎さんが

出演する30分番組「The 孝太郎」にも出演が決定しています。

そして!いよいよ来月3/12からはTBS系で月~金で午後1時から

放送中の「愛の劇場」枠で「砂時計」がスタートします!

コチラの方も請うご期待!ということで本日はこの辺で失礼致します。

また明日お目にかかりましょう。m(__)m

|

« access デビュー15周年記念特別映像By Oricon Style 第1弾到着! | トップページ | T.M.Revolution 1998年LIVE@東京・アミューTACHIKAWA映像 »

木内晶子ちゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木内晶子ちゃん 「恋話-ハナの恋物語-」視聴記:

« access デビュー15周年記念特別映像By Oricon Style 第1弾到着! | トップページ | T.M.Revolution 1998年LIVE@東京・アミューTACHIKAWA映像 »