« The Seeker PV"Kiss for SALOME"映像 | トップページ | 宝塚歌劇 宙組公演「維新回天・龍馬伝!/ザ・クラシック」観劇記―後編 »

2006年12月16日 (土)

宝塚歌劇 宙組公演「維新回天・龍馬伝!/ザ・クラシック」観劇記―前編

12月も半月が過ぎ、2006年も残りあとわずか15日となりました!

この連休は1週間後にクリスマスが前に控えていることもあるので、なるべくこの時期の

散財は避けるように心掛けましょう☆

今日は先週ムラへ観に行った宝塚歌劇宙組公演「維新回天・龍馬伝!/ザ・クラシック」

についての記事です。

今回の公演でトップ就任にして、退団公演となってしまったかしげちゃん(貴城けいさん)と

るいちゃん(紫城るいさん)コンビにとっては、公演開始直前に勃発した非常に理不尽としか

言い様のない退団劇があったこともあってか、皮肉にもやはり遠くからも多数のお客が観劇に来ていました。

「維新回天~」は以前タカラヅカで1998年に花組でミキさん(真矢みきさん)がトップスターだった

頃にシアター・ドラマシティで上演されたものを大劇場版にアレンジし直したお芝居です。

今回の作品で坂本龍馬を演じたのは勿論かしげちゃんですが、過去これまでのお芝居を

振り返ってみると組替え前までいた雪組時代には非常にノーブルな役柄に恵まれていた

かしげちゃんが、荒っぽくガサツでどこかおっちょこちょいな坂本龍馬という役が果たして

はまるのか…(ミキさんは当時すでに2枚目半路線を確立させていたこともあったので

ミキさんが龍馬でも無論違和感は感じなかったのですが…)という不安がボクの中に

あったのですが、その不安は…全くありませんでした!

かしげちゃん、1作限りではありますが、見事なまでに龍馬を演じ上げてくれています。

後に龍馬の奥さんになるお竜役のるいちゃんも、けなげに維新の中で刺客に日々命を

狙われつつも倒幕のために奮闘し続ける龍馬を気遣う役柄が光っています。

他にも龍馬と共に倒幕のために活動し、最後は龍馬と京都で刺客に襲われ落命する

中岡慎太郎役のたにちゃん(大和悠河さん)も、日本モノに出演経験はさほどないとは言え

次の宙組を背負って立つ存在感溢れる役柄が際立っていました。

他には桂小五郎役のみっちゃん(北翔海莉さん)と徳川十五代将軍慶喜公役のらんとむ君

(蘭寿とむさん)、どちらも月組・花組から組替えになって最初の公演でしたが、特に小五郎

役のみっちゃんは京都から薩摩軍に追われて、退却する際中に見えを切ったりして客席

より拍手と笑いを誘っていました。^^

新天地でも活躍してくれるであろう新顔の2人にもちゃんと注目しておきたいところです。

最後のシーンを御存知の方も多いだろうと思いますが、かしげちゃんとたにちゃんは

時代が明治に変わる直前に、京都で刺客に襲われて悲壮な最期を遂げることになります。

その際にるいちゃんが翌日睦言を迎える際、白無垢姿で月琴を弾くシーンの途中で

かしげちゃんとたにちゃんが散ってしまった際に、月琴の弦が切れてしまうシーンがあるのですが

このシーンがこのお芝居の一番の名シーンと言っても過言ではないでしょう。

そして二人は結ばれた後に訪れる予定になっていた高知の桂浜をバックによさこい節を

踊りながらお芝居はエピローグへと向かって行きます。

一般的にタカラヅカでも大劇場で上演される日本モノの比率が年々低下傾向にある中で

まだ新設されて10年ない宙組で本格的な日本モノは大劇場公演ではこれまで上演がなかったコトもあり

(2000年に前のトップスターだった和央ようかさんのお披露目に上演された「望郷は海を越えて」も日本モノでしたが

あれは舞台が日本とロシアだったこともあるので、厳密には日本モノとカウントするにはムズカシイ作品ではないでしょうか)

今回の公演はトップスターの御両人が去るだけでなく、宙組で滅多に上演されない日本モノが観られると

いう意味では貴重かも知れません。もうすでに本拠地である宝塚大劇場での上演は終了

してしまいましたが、来年1/2より2/12まで東京宝塚劇場にて上演が開始されます。

興味のある方は前売り券がすでに売り切れていますので、当日券を買ってご覧になられるコトをオススメ致します。^^

さてまた記事が長くなってしまいましたので、明日は後半に上演されたグランド・レヴュー

「ザ・クラシック-I LOVE CHOPIN-」について書きたいと思いますので、こちらについては

また明日お目に掛かりましょう。それでは失礼致します。m(__)m

|

« The Seeker PV"Kiss for SALOME"映像 | トップページ | 宝塚歌劇 宙組公演「維新回天・龍馬伝!/ザ・クラシック」観劇記―後編 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚歌劇 宙組公演「維新回天・龍馬伝!/ザ・クラシック」観劇記―前編:

« The Seeker PV"Kiss for SALOME"映像 | トップページ | 宝塚歌劇 宙組公演「維新回天・龍馬伝!/ザ・クラシック」観劇記―後編 »